さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

松中信彦(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191126231546j:image
f:id:sasakama_sakama:20191126231543j:image
f:id:sasakama_sakama:20191126231549j:image

ホークス日本一キャンペーン 第9弾

 

松中信彦(2011年)

打率.308 12本 36打点

 

平成の三冠王。みんな知ってるね。プロ入り15年目の2011年は、故障や内川、カブレラの加入もあり出場は86試合に留まったが、内川の故障離脱の際には3番に定着するなど活躍。最終的に規定未到達ながら打率.308、12本の本塁打を記録した(しかも統一球)。ポストシーズンでも11月4日の西武とのクライマックスシリーズ第2戦では8回に牧田和久から代打満塁ホームランを放ち、チームの日本シリーズ出場・日本一に大きく貢献した。

 

【査定について】

パワー...266打席で12本塁打。統一球でこの成績はすごい。

威圧感...実績、成績と普通に松中が打席に立ったら怖い。

代打〇...上述の代打満塁本塁打要素と、代打率.364(11-4)と普通にいいので

インコース対変化球...

メインポジション...この年は外野手登録

 

【ひとこと】

前回の小久保に精神的支柱をつけたので対比じゃないですが松中には威圧感をつけました。代打満塁本塁打はこの年のホークスの強さを表している本塁打じゃないでしょうか。