さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

森福允彦(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191113221925j:image
f:id:sasakama_sakama:20191113221922j:image
f:id:sasakama_sakama:20191113221930j:image

ホークス日本一キャンペーン 第7弾

 

森福允彦(2011年)

60試合 4勝2敗 防御率1.13

 

サイドスローからの変化球で打者を討ち取るセットアッパー。プロ入り5年目の2011年は、内角に投じるシュートで右打者にも対応。開幕から勝ちパターンとして活躍し、6月1日まで17試合連続無失点を記録。先発に回った摂津や不調に陥った馬原などでコマ不足になったリリーフ陣の中で活躍を続け、最終的にチーム最多の60試合に登板し、防御率1.13とクライマックスシリーズでも2試合に登板し無失点。迎えた中日との日本シリーズでは、5試合に登板。特に第4戦では6回1点リード無死満塁から登板し、小池正晃を空振り三振、平田良介をレフトフライ、谷繁元信をショートゴロに抑えチームを勝利に導き、この活躍は「森福の11球」と評された。その後も4年連続で50試合以上に登板するなど活躍した。その後巨人に行ったとか行ってないとか...

 

【査定について】

変化球...スライダーの被打率は脅威の.086。変化量6以上でも納得の数字だが、この年はフォームが固まったことで制球が安定し、ストライク先行率も上がっている。6にしてしまうと少し外れる球が増えるかなと思ったので5にしてキレ〇をつけました。

対左B...先述の通りこの年は右打者にもしっかりと対応し、好成績を納めたのは間違いないが森福の強みといえば左打者はほぼ確実に抑えたこと。フォームから見てもこれは間違いないし、数字でも出ている(対右打者OPS.570、対左打者OPS.373)

緊急登板...11球要素、だけでなくワンポイントとしての起用もあり、好成績を残した為

 

【ひとこと】

やべー