さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

武田久(2009年)

f:id:sasakama_sakama:20191021223432j:image
f:id:sasakama_sakama:20191021223435j:image
f:id:sasakama_sakama:20191021223429j:image

 

武田久(2009年)

55登板 3勝0敗 34S 防御率1.20

獲得タイトル:最多セーブ

膝が地面に着くほど沈み込む低い重心から繰り出されるストレートと絶妙なコントロールが武器の「小さな鉄腕」。日本通運から2002年のドラフト4位で日ハムへ入団。入団当初は怪我などで一軍に定着できないでいたが、岩本勉のアドバイスで直球を磨き、入団3年目の2005年の夏に才能が開花。球宴以降は閉幕まで15試合・22イニング連続無失点を記録し、勝ちパターンの継投に名前を連ねた。翌年は開幕から勝ちパターンに定着し、2006年から7年連続の50試合以上登板を達成するなど大活躍した。2009年には、退団したマイケル中村に替わり抑えを任され、レギュラーシーズンを無敗、最多セーブにも輝いた。2017年には7試合の登板に留まり、同年に退団。現在は古巣の日本通運硬式野球部に選手兼コーチ。

 

【査定について】

変化球中心...武田久といえばストレートが武器だが、2009年は投球割合の75%が変化球と、変化球主体のピッチングスタイル。2011年からはストレート主体のピッチングになっているので、ストレートの球威はノビC+球持ちで表現しましたが、総変化量が少し少なかったかも

逃げ球...60回投げて被本塁打1

調子安定...前述の通りこの年は敗戦0。防御率も1点台と非常に安定しているが、前年、前前年を見ると計12敗している。起用法の違いもあるとは思うが、ちょっとつけにくい。あとイメージ...

 

【ひとこと】

あっちを作成したらこっちも作成しなきゃいけませんよね。武田久のフォームは大好きなんですけど、パワプロのフォームはクイックだとなんか凄い動きをするので微妙です。前述の通り変化量がちょっとアレなので成績が再現できるかアレですが直球もいいので大丈夫でしょう。作成しといてアレですが仮面町さんの2013年の武田久の査定が見事なのでそちらもどうぞ。というかそちらをどうぞ。