さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

板東英二(1967年)

f:id:sasakama_sakama:20191004232938j:image
f:id:sasakama_sakama:20191004232933j:image
f:id:sasakama_sakama:20191004232928j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン 特別編②

 

「いいぞ頑張れドラゴンズ 燃えよドラゴンズ

 

板東英二(1967年)

51試合 14勝6敗 防御率2.55

 

ご存知ゆで卵の人。高校時代は延長18回引き分け再試合や、1試合25奪三振や大会通算83奪三振の記録を残し、プロ入り後も2018年に小笠原慎之介に破られるまでは球団最年少記録だった21歳での開幕投手や、プロ入り3年目までで2度の二桁勝利を挙げるなど活躍したが、投球過多による怪我で長いイニングが投げられないようになり、中日初の中継ぎ、ストッパーに転向。1964年から3年連続の50試合以上登板など、回跨ぎが当たり前の時代に安定した成績を残した。1968年に右肘の手術を行うが、69年にはプロ入り後初の一勝も挙げられず、同シーズン限りで引退した。現役引退後は 解説者などを経て芸能界に進出。1974年にリリースした「燃えよドラゴンズ!」は大ヒットし、ドラゴンズのリーグ制覇に貢献(?)した。

 

【査定について】

今回はイメージ査定多め

球速...140台中盤のストレート。ノビを上げたので抑えめで。

変化球...決め球のフォーク、他にシュート、チェンジアップ、スライダー(苦手)、カーブ(苦手)を投げていたことから、苦手な球種と変化方向が被るチェンジアップを抜いてフォーク、シュートの2球種と考えていたが、史上初の1球勝利を挙げたボールがカーブ(苦手なカーブを投げたら相手が当ててくれた)というエピソードを発見。苦手な球種だったのでほとんど投げていなかったとは考えられるが、「板東英二」らしさを出すためには必要と判断し追加。たまにはこういうのも大事。

リリース... リリースした燃えドラが大ヒット。少しでも前でリリースする意識をしていた

勝運...中継ぎのみで14勝を挙げる。「そりゃ50試合も投げて回跨ぎもしてれば勝ちはつくんじゃないの??」と思うかもしれないが、登板記録を見ていくと投球回3回以下の試合で9勝を挙げている。

力配...オールスターで手を抜いてランニングホームラン打たれる。それだけではないが、高校とプロ入団当初はバリバリの先発力投完投型の投手だったので残してもいいと判断。

ケガ...前述の投球過多や「関節ネズミ」を抑えるために肘を自転車のチューブから取ったゴムでグルグル巻きにして投げたというエピソード。現代でやったら確実に病院行き。

先発適正...この年は先発登板は1試合のみ(4回2失点で勝ち負けつかず)。前述の通り長い回は投げられないとあるが、普通にリリーフで7回投げたりしているので体力がないというわけではないと思うが、そもそも首脳陣が先発として起用するつもりがなかったと判断し、あえて先発適正はナシ。回跨ぎもデフォルトではスタミナC以上にはついていないのでナシ!

 

【ひとこと】

特別編第2弾はこの人です。燃えドラキャンペーンといえばやはり外せませんね。今回は結構イメージ多めでしたが、個人的には納得できた査定です。今回で燃えドラキャンペーンは終了です。みなさんお疲れ様でした。次回からは満遍なく作っていこうかなと思ってます。よろしくお願いします。

 

燃えドラキャンペーンでかなり参考にさせて頂いたサイト様のリンクを勝手に貼らせていただきます!本当にありがとうございました!(迷惑だったら消します。)

燃えよドラゴンズ 傾向と対策さん⇒http://www.ichihara.com/dragons/moedra/index.html#KASHI3