さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

関川浩一(2002年)

f:id:sasakama_sakama:20190825120606j:imagef:id:sasakama_sakama:20190825200917j:image
f:id:sasakama_sakama:20190825120603j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン 第2弾

 

「勇気 負けん気 関川だ」

 

関川浩一(2002年)

打率.212 1本 13打点

捕手出身の安打製造機。98年に阪神からトレードで中日に入団すると、翌99年には打率.330 60打点の活躍でリーグ優勝に貢献したが日本シリーズで対戦した工藤公康にバッティングの癖を見破られ、深刻な打撃不振に陥り翌年から成績が急降下。若手外野手の台頭もあり、2005年に楽天に移籍するとリードオフマンとして活躍し、2007年に引退。二球団でコーチも経験した。

 

【査定について】

ミート...前年の2001年は打率.222、査定年の2002年は.212と低いが、2003年には規定未到達ながら.316を記録、楽天移籍後も2割後半を打っている。単年のみで考えればFもしくはEと考えられるが、規定到達していないのを数字だけで判断できないのと、年齢的にこの年から能力*1が急上昇することは考えにくいからDに、調子が悪ければ成績通りにもなるでしょう。

気迫ヘッド…必須ですね。全力プレーと勇気 負けん気

盗塁…良くない

ケガ…あの全力プレーで38歳まで現役はすごい

 

【まとめ】

第2弾は全盛期じゃない関川選手です。今回は本当にミートを悩みましたね。デフォ(02決)ではFなんですけど翌年いきなりミートCになるのがどうにもしっくりこなくて…。一応査定年度決めてるんですが最近単年査定になってないような気がします。

*1:あくまでもパワプロの数値的な能力。バッティング技術とかではないです。