さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

高橋一三(1969年)

1971年オールスターゲーム 継投によるノーヒットノーランを達成した投手


先発 江夏豊(デフォ)
二番手 渡辺秀武(巨人)
三番手 高橋一三(巨人)(この記事)
四番手 水谷寿伸(中日)
五番手 小谷正勝(大洋)

 

f:id:sasakama_sakama:20190804201800j:image
f:id:sasakama_sakama:20190804201755j:imagef:id:sasakama_sakama:20190804201751j:image

 

高橋一三(1969年)

22勝5敗 防御率2.21 

沢村賞 最多勝 最高勝率 ベストナイン

 

巨人V9時代の左のエース。高卒2年目から頭角を現し、1966年に大きく曲がるスクリューボールを習得。5年目の1969年には22勝の大活躍で上記タイトルを獲得。阪急との日本シリーズでも第6戦で完投し、シリーズ初勝利で胴上げ投手となった。堀内恒夫と共に左右のエースとして5年連続2桁勝利を挙げるなど活躍。V9時代にはリーグ優勝、日本一を合わせて8度の胴上げ投手となった。

しかし、勤続疲労のためか74年に2勝、75年には6勝と低迷期が続き、75年オフ、富田勝と共に張本勲とのトレードで日本ハムファイターズへ移籍。1度は2桁勝利を挙げたものの、腰を痛め、引退考えるも軟投派にモデルチェンジ。再び復活し1983年まで現役を続行した。引退後は巨人・日ハムの投手コーチを務め、2015年、心不全の為死去。69歳没。「巨人の星」の星飛雄馬のモデルにもなった。

 

【査定について】

球速...堀内恒夫に匹敵する速さ。1970年代に指に特殊な装置をつけて球速を測定した際に156.46km/hを記録。信憑性は薄いが採用。

対左...被本塁打25本のうち左打者に打たれたのがわずか3本。左のエース感も出るよね。

クロスファイヤー...ダイナミックなフォームと豪速球から。

はい。その分ノビはCで調整。

キレ...スクリュー(シンカー)

クイック...映像を見てもセットになるとクイックE感がある。福本豊1年目。

一発 四球...単純にとんでもなく投げてるってのもあるが、71年に最多被本塁打、72年に最多与四球。73年には両方を獲得している。

人気者...オールスター出場6回

 

【ア】

前回もV9戦士を投稿しましたが、別にV9再現しようとしてないので大丈夫です。