さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです

飯山裕志(2012年)

f:id:sasakama_sakama:20190202231537j:image

f:id:sasakama_sakama:20190202231548j:image

f:id:sasakama_sakama:20190202231556j:image

 

飯山裕志(2012年)

.176 0本 2打点

 

日本ハム一筋の「守備のクローザー」。

プロ野球生活をほぼ守備で生き抜き、ユーティリティなプレイヤーとして終盤の守備固めで活躍した。2012年は85試合に出場。日本シリーズ第4戦では巨人西村健太朗からサヨナラヒットを放ち、打撃でもチームに貢献した。イケメン。

 

【査定について】

対左...打席数は少ないものの、対右打率.290、対左打率.081と極端

捕手、一塁手適正...二軍での捕手としての出場はあるものの、一軍での出場はないこと、選手作成の都合上守備力E以下の適正がつけれない等の理由から今回は排除。

 

【まとめ】

2017年の引退試合では、7回表から遊撃の守備固めで途中出場。8回表には二塁手田中賢介と二塁ゴロ併殺を完成させた。最後は9回表2死から大城滉二が放った遊撃ゴロを自らさばいて20年間の現役生活を締めくくった。引退スピーチでは「飯山裕志プロ野球選手を辞めます。しかし、野球という素晴らしいスポーツは一生辞めることはないと思います。」と締めくくり、最後に仲間達の長渕剛「勇次」の大合唱が流れ、現役の別れを告げた。

かっこいい....