さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

権藤博(1967年)

f:id:sasakama_sakama:20190127000006j:image

f:id:sasakama_sakama:20190127000020j:image

f:id:sasakama_sakama:20190127000027j:image

 

権藤博(1967年)

.215 5本 27打点

最多犠打

 

「権藤権藤雨権藤」も、3年目に肩を故障し、プロ入り5年目で野手転向。バッティングなどに苦しんだが、転向3年目、107試合に出場し最多犠打を獲得。安打、本塁打数共に自信キャリアハイを記録。ようやく打撃の何たるかをつかみかけたと感じたがこの3年間で当時の監督である西沢道夫の期待に答えたというほどの結果は残せなかったという。

 

【査定について】

バント〇...最多犠打

三振...三振率15.1%

盗塁...6盗塁6盗塁死

走塁...2塁打8本、3塁打3本

送球...翌年、権藤は1年だけ投手に復帰しているが、そのきっかけが杉下茂が監督に就任し、権藤の内野手としてのスローイングを見て、投手陣が弱体化していたこともあり「やっぱりお前はピッチャーだろう。もう一回やってみないか」*1という話があったので送球に問題があったと判断しEに。

 

【まとめ】

投手時代と野手時代、どちらを作ろうか迷いましたがOB収録されていることもあり、野手転向後を作成してみました。データが少ないこともあり、十分に再現できてないかも知れませんがご了承ください。

野球殿堂入りおめでとうございます。

 

 

*1:コピペ