さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

立浪和義(2002年)

f:id:sasakama_sakama:20190119011133j:image

f:id:sasakama_sakama:20190119011140j:image

f:id:sasakama_sakama:20190119011147j:image

 

立浪和義(2002年)

.302 16本 92打点

 

シーズン当初は5番で出場していたが、レオ・ゴメスの退団で7月からは4番を任される。慣れない三塁手としての出場が主となったが、自己最多の16本塁打、92打点を記録。4番としての役割をしっかりとこなした。

 

【査定について】

守備...二塁手25試合1失策(守備率.990)  

         三塁手116試合10失策(守備率.963)

チャンス、いぶし銀...打点は高いが得点圏打率は.322と通常時の打率と比べてもそれほど高くない。終盤でのチャンスで能力が上がるいぶし銀を採用(イメージにもあってるからね)

盗塁...4盗塁9盗塁死

 

【まとめ】

4番・立浪をしていたシーズンです。

野球殿堂入りおめでとうございます。