さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです 現在2011年中日ドラゴンズの選手を作成中

立浪和義(1989年)

f:id:sasakama_sakama:20180920195921j:image
f:id:sasakama_sakama:20180920195923j:image

立浪和義(1989年)

成績 .223 4本 18打点 22盗塁

新人王  GG賞

 

PL学園の主将として春夏連覇を果たし、ドラフト会議で当時監督だった星野仙一に引き当てられ、ドラフト1位でドラゴンズに入団。素質を見抜かれ、新人ながら開幕戦に「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人では球団史上唯一)、シーズンでは110試合に出場し、オールスターにも選出される。打率は.223に終わったものの、出塁率.317、22盗塁21犠打と活躍し、新人王、GG賞を獲得した。

 

【査定のあれこれ】

盗塁B...デフォOBでも盗塁Eがついてるぐらい盗塁が上手くないイメージだが、この年は22盗塁(7盗塁死)。

守備その他...前年度ベストナインの宇野からポジションを奪い、GG賞まで取ってしまうレベルなのでBに、守備職人はイメージです。

ケガF...春季キャンプが行われたベロビーチのグラウンドでの練習中、バランスを崩して右手を突いたとき右肩を痛めてしまい、シーズン終盤から翌年にかけて後遺症を残した。(コピペ)後遺症が続き、1990年は出場が30試合にとどまっている。

 

【まとめ】

初めて1から査定したのでおかしいところとかあると思いますが何卒...。

打率と本塁打はオーペナで回したらいい感じになりました。