さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です 中日ドラゴンズ 【投手】 岩瀬仁紀(1999年) 落合英二(2004年) 小笠原孝(2007年) 山内壮馬(2012年) 田島慎二(2016年) 【捕手】 木俣達彦(1970年) 【内野手】 権藤博(1967年) 立浪和義(1988年) 立浪和義(2002年) 仁村徹(1993年) 【外野手】 …

ジョエル・グスマン(2011年)

ジョエル・グスマン(2011年) .181 7本 15打点 MLBを経て2011年にドラゴンズに入団したドミニカ出身の外野手。 右方向にも本塁打を打てるパワーが魅力であり、開幕戦の横浜戦では来日初本塁打を放ったものの、極度の打撃不振に陥り二軍降格。夏場のトニ・ブラ…

中日ドラゴンズ(2014年)(ほぼデフォルトデータ)パワナンバー

中日ドラゴンズ(2014年) 67勝73敗(.479) セントラル・リーグ4位 監督:谷繁元信(兼任監督) 2012年まで11年連続Aクラスを維持してきた中日は、怪我人の続出やベテラン選手の不調などで当時の高木守道監督の奮闘虚しく、4位に終わった。中日球団は前監督の落合…

湯上谷宏(1988年)

湯上谷宏(1988年) 成績 .284 9本 48打点 16盗塁 暗黒時代を支えたいぶし銀。84年に星稜高校からドラフト2位で入団すると、俊足とどこでも守れる守備力で87年には99試合に出場。オフには球団が「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を…

岩瀬仁紀(2011年)

岩瀬仁紀(2011年) 56登板 0勝1敗 7H 37S 防御率1.48 皆さんご存知伝説の抑え。この年は開幕から調子が上がらず、失点する試合もあり、浅尾拓也に抑えを譲る場面もあったが、徐々に安定感を増し、シーズンが終わってみれば37S、防御率1.48と抑えとして活躍し…

浅尾拓也(2011年)

浅尾拓也(2011年) 79登板 7勝2敗 45H10S 防御率0.41 MVP GG賞 最多登板 史上最高のセットアッパー。前年から勝ちパターンの一角として活躍。開幕戦の横浜ベイスターズ戦で同点の9回に登板し、サヨナラ負けを喫するも、その後は中継ぎエースとして79登板と大…

松坂大輔(2001年)

松坂大輔(2001年) 15勝15敗 防御率3.60 沢村賞 最多勝利 最多奪三振 GG賞 99年に新人王と最多勝、00年にも最多勝、最多奪三振を獲得した平成の怪物は、更なる飛躍と活躍を期待された01年、キャンプから絶好調で2年連続の開幕投手に指名されるも6回6失点で敗…

田島慎二(2016年)

田島慎二(2016年) 防御率2.44 3勝4敗 17S 開幕から大活躍!プロ1年目の輝きを取り戻した年度。3月29日の開幕戦に登板すると好投を続け、開幕27試合連続無失点のプロ野球新記録を達成。31試合目まで無失点を続けた。シーズン途中からは抑えを任され、オールス…

2011年 中日ドラゴンズ リンクページ

2011年 中日ドラゴンズのページです 【投手】 吉見一起 マキシモ・ネルソン エンジェルベルト・ソト 伊藤準規 鈴木義広 小林正人 川井雄太 浅尾拓也 岩瀬仁紀 【捕手】 谷繁元信 小田幸平 小山圭司 【内野手】 トニ・ブランコ 井端弘和 堂上直倫 森野将彦 荒…

関本賢太郎(2013年)

関本賢太郎(2013年) .278 0本 5点 17年目を迎えたベテランは開幕から右の代打、守備要員として出場。5月に一時ケガで離脱するも、7月にこの年初打点を記録するなど、活躍した。 【査定について】 バント〇...2008年1試合4犠打のプロ野球記録を達成。1この年…

陽耀勲(2012年)

陽耀勲*1(2012年) 2勝3敗 1H 防御率1.48 現巨人の陽岱鋼の実兄であり(ただし弟と違い日本国内の高校に在籍していなかった為、外国人登録)、150キロ越えのストレートを操るサウスポー。入団から6年間はあまり活躍できずにいたが、2012年は二軍で好投し、8月に…

マイケル・クロッタ(2014年)

マイケル・クロッタ(2014年) 61登板 4勝5敗 6S 30H 防御率2.62 最速156キロのストレートと変化球を操る右腕。MLBでは15試合のみの出場だったが、2014年に日本ハムに入団すると宮西尚生、増井浩俊らとともに強力リリーフ陣を結成。チームのAクラス入りに貢献…

森岡良介(2014年)

森岡良介(2014年) .276 2本 31打点 明徳義塾高校を主将として甲子園初優勝に導いた後、中日に1巡目指名で入団。立浪和義の後継者と期待されたが、6年目の08年に首脳陣との衝突*1が原因で戦力外。トライアウトを経てヤクルトに入団した。移籍1年目から徐々に…

飯山裕志(2012年)

飯山裕志(2012年) .176 0本 2打点 日本ハム一筋の「守備のクローザー」。 プロ野球生活をほぼ守備で生き抜き、ユーティリティなプレイヤーとして終盤の守備固めで活躍した。2012年は85試合に出場。日本シリーズ第4戦では巨人西村健太朗からサヨナラヒットを…

権藤博(1967年)

権藤博(1967年) .215 5本 27打点 最多犠打 「権藤権藤雨権藤」も、3年目に肩を故障し、プロ入り5年目で野手転向。バッティングなどに苦しんだが、転向3年目、107試合に出場し最多犠打を獲得。安打、本塁打数共に自信キャリアハイを記録。ようやく打撃の何た…

立浪和義(2002年)

立浪和義(2002年) .302 16本 92打点 シーズン当初は5番で出場していたが、レオ・ゴメスの退団で7月からは4番を任される。慣れない三塁手としての出場が主となったが、自己最多の16本塁打、92打点を記録。4番としての役割をしっかりとこなした。 【査定につい…

井上一樹(1999年)

井上一樹(1999年) .296 10本 65打点 入団時は投手だったが、94年に打者転向。98年に就任した水谷実雄打撃コーチの指導もあり、才能が開花。99年には7番右翼手として開幕から21試合連続安打を記録するなど活躍。「恐怖の7番打者」としてリーグ優勝に大きく貢…

大野雄大(2011年)

大野雄大(2011年) 防御率13.50 0勝1敗 2010年ドラフト会議で中日から1位指名を受けて入団。同年8月のオープン戦で肩を痛めてから登板できていなかったが、治療に専念。6月末のプロアマ交流戦で実戦デビューすると、その後はファームの先発の一角としてファー…

落合福嗣(パワプロ2012企画〜親父を越えろ〜)

パワプロ2012発売前の企画「親父を越えろ」にて、落合福嗣氏が作成したオリジナル選手。*1 この企画は落合福嗣氏が父親の落合博満氏にパワプロで挑戦状を送り、対戦するといった企画である。 ルールとしては以下の画像の通り。 (ただし落合博満氏のチームの…

2018年の振り返りとご挨拶

いつもお世話になっております。さかまのパワプロブログ管理人のさかまです。 今年の9月にブログを初めて、なんとか3ヶ月続けることが出来ました。これもアクセスしてくださった皆様のお陰です。改めて、感謝申し上げます。 まあ、お堅いのはここまでにして…

小山桂司(2011年)

小山桂司(2011年) .280 1本 10打点 日ハムから移籍後、3年連続の開幕一軍を掴むと、交流戦で怪我をした谷繁に代わり元パ・リーグの経験を活かし、チームの交流戦上位進出に貢献した。その後も打撃好調でスタメン出場を増やすものの、チームの勝ち星は伸び悩…

佐伯貴弘(2011年)

佐伯貴弘(2011年) .202 1本 6打点 横浜から移籍。開幕から代打で起用されるも13打数無安打と成績を残せないでいたが、5月20日の対西武戦で移籍後初のスタメン出場を果たし、逆転2点適時打を含む4安打を打ちチームの逆転勝利に貢献した。しかし1年を通じて成…

堂上剛裕(2011年)

堂上剛裕(2011年) .287 1本 15打点 グスマン、佐伯の加入もありスタメン奪取には至らなかったが、勝負強い打撃で主に代打として活躍。7月1日の巨人戦で9回2死から逆転適時打、10月9日の再び巨人でサヨナラ打を放つなど、リーグ優勝に大きく貢献した。 【査定…

堂上直倫(2011年)

堂上直倫(2011年) .209 2本 10打点 2010年は井端の怪我もあり6月に一軍昇格し、プロ初安打や初本塁打を記録し、レギュラーを掴みかけるが、11年になり井端が復帰すると、スタメンから外れるようになる。しかし少ない打席数で2本の本塁打や守備固めなどで活躍…

小田幸平(2011年)

小田幸平(2011年) .164 0本 4打点 最強の2番手捕手。谷繁の離脱時には度々先発マスクも被った7月5日の阪神戦では自身初のサヨナラ打を放ち、「やりましたー!」という決め台詞をお立ち台で発した。特に一世を風靡しなかった(チームとか竜党の間では流行った…

大島洋平(2011年)

大島洋平(2011年) .243 3本 18打点 GG賞 2年連続開幕スタメン出場も打撃不振もあり、一時は平田や野本の活躍もあり、二軍降格を味わうも、再昇格後はスタメン復帰。96試合と前年より出場試合は減ったものの、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、チーム優勝に…

平田良介(2011年)

平田良介(2011年) .255 11本 38打点 6年目で遂にレギュラー定着、開幕こそ2軍スタートだったものの、5月に一軍昇格をすると、6月4日の西武戦で延長11回にサヨナラホームラン、翌5日にもサヨナラホームランを放ち、日本プロ野球史上8人目の二試合連続ホームラ…

小池正晃(2011年)

小池正晃(2011年) .268 5本 21打点 2010年には54試合の出場にとどまったが11年5月28日に一軍昇格を果たすと6月19日のオリックス戦でサヨナラホームラン、7月6日には逆転満塁本塁打を放つなど活躍。ブランコが欠場した際には一塁手としても出場した。日本シリ…

和田一浩(2011年)

和田一浩(2011年) .232 12本 54打点 2010年にはキャリアハイの成績を残し、春キャンプでフォーム改造に挑戦し臨んだ11年だったが、統一球の影響や視力の悪化で打撃が不調に陥り、二軍落ちも経験した。日本シリーズでは、第7戦の9回、摂津から三振を喫し、最…

谷繁元信(2011年)

谷繁元信(2011年) .256 6本 31打点 GG賞 ケガがありながらもチームを牽引、連覇へ大きく貢献。開幕から正捕手の座を守り続けていたが、6月4日の対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し、約2カ月間一軍登録を抹消、懸…