さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

立浪和義(2007年)

f:id:sasakama_sakama:20190904014718j:image
f:id:sasakama_sakama:20190904014714j:image
f:id:sasakama_sakama:20190904014710j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン第6弾

 

「指名代打に揺れる歓声(こえ) 立浪 立浪 夢を振れ」

 

立浪和義(2007年)

打率.275 2本 31打点

ミスタードラゴンズ。2005年頃に三塁手イップスとなり、外野手や代打での起用が増えていたが、2007年に中村紀洋の加入などによってDH・代打としての出場になり、以降2009年の引退試合まで守備に就くことはなかった。打撃では圧倒的な勝負強さを発揮し、代打率は.307を記録。代打での年間最多出場記録を樹立するなど、チームの逆転クライマックス突破に大きく貢献した。日本シリーズでは安打はなかったものの、ベテランの力で半世紀ぶりの日本一に貢献した。

 

燃えよドラゴンズ!2007、2007日本一記念版ともに、2フレーズを使って紹介された。これは燃えドラ史上唯一である。

 

【査定について】

ミート...先発出場時の打率は高くないですが、試合数が少ないことと圧倒的な代打での成績を考慮して高めに。

守備能力...前述の通り守備機会はなかったが、前年にレギュラーの森野将彦が離脱した際など、46試合三塁手として守っており63補殺、6併殺も記録している。チームの起用方針で守っていなかったが、守ればそこそこはやれたんじゃないかと判断し、Eに。*1

チャンスB...得点圏.352

走塁...さすがに走力は衰えているが、代打時代でもほぼ毎年三塁打を打っている。パワプロ三塁打が出にくいのも含めて。

流し打ち...流してる

いぶし銀...これはいるよね〜

 

【ひとこと】

ミスタードラゴンズです。この年は代打時代の全盛期なので全盛期ですね。「代打・立浪」がコールされた時の歓声がものすごかったので、ぴったりの歌詞だと思います。

 

*1:当時レギュラーの中村紀、森野のサード守備力がD以上あると思うので無理に使われないとは思うが...

今中慎二(1999年)

f:id:sasakama_sakama:20190831194922j:image
f:id:sasakama_sakama:20190831194917j:image
f:id:sasakama_sakama:20190831194925j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン第5弾

 

「今でも今中愛してる」

 

今中慎二(1999年)

0勝1敗 防御率7.88

90年代前半のドラゴンズのエース左腕。大阪桐蔭高校出身のプロ野球選手としてドラフト1位でドラゴンズに入団。2年目から頭角を現し、スローカーブとノビのある直球を武器に6度の2桁勝利や、沢村賞を含む数々のタイトルを獲得するも酷使の為か左肩痛が悪化、徐々に成績が落ち始めたものの投げ続けたが、97年頃から本格的に悪化、登板試合数も大幅に減り、97、98年に2勝に終わった。99年には躍進を続けるチームの中で7月15日に先発したものの好投ができず、検査を経て遂に手術を決意。手術は成功したものの、リハビリでリーグ優勝したチームを祝うことができなかった。翌年の2000年には登板が無く、2001年に7試合に登板したものの引退を決意。引退会見で「悔いは、あります」と語ったが、本人は「野球選手なんだから投げすぎて投げれなくなら本望」とも語った。燃えよドラゴンズでも何度も今中の活躍について歌われるなど、ファンに愛されたエースだった。

 

【査定について】

いかんせん99年の登板が少ないので前年の98年を主に見て査定してます。映像も99年のは見つからず。

緩急...直球の威力が落ちているのでバッターもタイミングを崩さない。

対左...全盛期から左に弱かった。というか右に強かった。

打たれ強さ...98年のヤクルト戦で0.2回7失点。プロ野球記録の1イニング13失点のきっかけを作った。

負け運...完全に98年要素。序盤で2勝したもののその後は好投しても星がつかないことが多かった。99年の査定はどうかと思ったがその後引退まで勝ち星がないので採用

ノビ...全盛期からケガで直球の威力がなくなっているが、映像を見るとそこまでノビがなくなっているようには見えにくい。球速自体もかなり下がっているので、球速相応のノビと考えてD

 

【ひ】

今回の歌詞、名歌詞ですよね〜。個人的に歴代燃えドラ名歌詞ランキング1位です。キャンペーンを5回やって振り返って見ると全然全盛期の再現をしていないんですけど燃えドラ自体全盛期じゃない方が名歌詞が生まれやすい*1ってのがあると思うんでご了承下さい。

 

*1:例えば山本昌だと全盛期は「大将山本 槍のよう」というのがあります、確かにいい歌詞だとは思うんですけど第3弾で再現した2010の「山本昌(マサが歴史を変えてゆく」の方が良くないですか??槍と歴史を変えるのだったら歴史の方がいいですよね!?そういうのがいっぱいあるんです。今回の今中も「強く今中 育ったぞ」とか「エース今中 弓のよう」ってのがあるんですけど今でも今中の方がいいですよね!?(語呂とか)野手はスタメン定着してると「〇番□□ △△だ〜」で終わっちゃうし。キャンペーンのために歌詞見すぎてわからなくなってきました。助けてくれ。

宇野勝(1979年)

f:id:sasakama_sakama:20190829164540j:image
f:id:sasakama_sakama:20190829164537j:image
f:id:sasakama_sakama:20190829164534j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン第4弾

 

「八番 宇野がスクイズバント

 

宇野勝(1979年)

打率.265 12本 37打点

通算338本塁打を誇る大型遊撃手。1979年には打棒を買われ、遊撃手の定位置を奪うと12本塁打と活躍、守備は最多失策と安定感を欠いたものの、以降9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。*1

1984年には本塁打王、87年にベストナインと活躍したが1988年に新入団の立浪にポジションを奪われるも、二塁手としてリーグ優勝に貢献。93年にロッテにトレードされ、翌94年に引退した。

 

ちなみに「スクイズバント」と紹介されているが宇野がスクイズを決めた記憶はないらしい。

 

【査定について】

守備関連...入団時から守備は一級品、強肩も誇った。ただし守備範囲が広く積極的なこともあり「ヘディング事件」に代表されるエラーは多いので捕球を下げてエラーを追加。

対左...正確な対左打率はわからなかったが、この年左打者から打った本塁打は12本中2本のみであり、その2本も同じ投手(元阪神・益山投手)のみ。

送球...87年から一塁手を務めた落合博満が、「宇野の投げたボールが一番取りやすい。」と話している。

ケガ...負担の多いポジションながらケガが少ない

三振...多い

盗塁...現役を通して失敗率が高い

 

【さかまの思ひ】

第4弾は宇野選手です。初めて燃えよドラゴンズ1979を聞いた時は歌詞で語られた8番・宇野と宇野勝が同一人物だとは思わなかったのですが、先日購入した本で宇野さんが話をされていたのでそこで気づいてビックリしました。

実はそれが今回のキャンペーンを始めた理由だったりします。まだまだするつもりなので今後の更新もご期待ください。

 

 

*1:最多失策は6度記録した。

山本昌(2010年)

f:id:sasakama_sakama:20190828231914j:image
f:id:sasakama_sakama:20190828231923j:image
f:id:sasakama_sakama:20190828231918j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン第3弾

 

山本昌(マサ)が歴史を変えてゆく」

 

山本昌(2010年)

5勝1敗 防御率3.21

皆さんご存知の鉄人。2009年はわずか1勝と落ち込み、10年も春季キャンプ中に左肩肩甲骨の痛みで開幕二軍と出遅れたが8月7日に同季初登板初勝利を果たすと結局1完封を含む5勝を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。この年に更新した記録は史上最年長完封、史上最年長完投。

 

【査定について】

コントロール...09年は6試合の登板で与四球率4.00と荒れているが、10年には2.26と改善。二軍成績などと比較してCに

回復...完封をした5試合目までの防御率は1.67だが、その後の3試合で2失点、4失点、5失点と防御率が上がっている。しっかり回復してないことによるスタミナ不足ではないかと判断。年齢的にもEかな。Fはやりすぎ。

ケガ...体の強さはあるが、翌年はケガで投げられていないなどがあるのでDに。Eだと50まで現役できないと思うので...

 

【さかまの思ひ】

第3弾は山本昌です。僕は落合監督晩年の山本昌が結構好きです。たまに出てきてはポンポン勝ってくイメージでしたね。燃えよドラゴンズ最多登場の山本昌ですが、2010年はついに歴史を変えにかかりました。結構通用する能力だと思うので是非歴史を変えてください。

 

野茂英雄(パワプロ'94デフォルト)

 

本日8月26日はパワプロの日です。

 

f:id:sasakama_sakama:20190826231917j:image
f:id:sasakama_sakama:20190826231921j:image
f:id:sasakama_sakama:20190826231924j:image

 

野茂英雄(パワプロ'94デフォルト)

 

(1994年度成績:8勝7敗 防御率3.63)

 

【査定について】

デフォルトデータを現在の数値にできる限り当てはめてます。捕球の概念がないので捕球は査定しました。

 

【説明】

はい。タイトルの通りです。パワプロの日ということで他の方も色々と投稿されてる中で自分なりに色々考えた結果、初代パワプロに思いを馳せるのがいいかと思いました。やっぱり初代があるおかげで今があるから...。そして94年の誰を作るかといったらやっぱり野茂英雄でしょう。パワプロ'94最後にして唯一の公式野茂です。当時の最先端野球テレビゲームで使えた野茂、是非その凶悪なフォークを体感してください。

 

 

関川浩一(2002年)

f:id:sasakama_sakama:20190825120606j:imagef:id:sasakama_sakama:20190825200917j:image
f:id:sasakama_sakama:20190825120603j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン 第2弾

 

「勇気 負けん気 関川だ」

 

関川浩一(2002年)

打率.212 1本 13打点

捕手出身の安打製造機。98年に阪神からトレードで中日に入団すると、翌99年には打率.330 60打点の活躍でリーグ優勝に貢献したが日本シリーズで対戦した工藤公康にバッティングの癖を見破られ、深刻な打撃不振に陥り翌年から成績が急降下。若手外野手の台頭もあり、2005年に楽天に移籍するとリードオフマンとして活躍し、2007年に引退。二球団でコーチも経験した。

 

【査定について】

ミート...前年の2001年は打率.222、査定年の2002年は.212と低いが、2003年には規定未到達ながら.316を記録、楽天移籍後も2割後半を打っている。単年のみで考えればFもしくはEと考えられるが、規定到達していないのを数字だけで判断できないのと、年齢的にこの年から能力*1が急上昇することは考えにくいからDに、調子が悪ければ成績通りにもなるでしょう。

気迫ヘッド…必須ですね。全力プレーと勇気 負けん気

盗塁…良くない

ケガ…あの全力プレーで38歳まで現役はすごい

 

【まとめ】

第2弾は全盛期じゃない関川選手です。今回は本当にミートを悩みましたね。デフォ(02決)ではFなんですけど翌年いきなりミートCになるのがどうにもしっくりこなくて…。一応査定年度決めてるんですが最近単年査定になってないような気がします。

*1:あくまでもパワプロの数値的な能力。バッティング技術とかではないです。

武田一浩(1999年)

f:id:sasakama_sakama:20190822145727j:image
f:id:sasakama_sakama:20190822145730j:image

f:id:sasakama_sakama:20190822145742j:image

燃えドラ名歌詞・迷歌詞キャンペーン 第1弾

 

「武田に男の炎あり」

 

武田一浩(1999年)

9勝10敗 防御率3.50

1988年に日ハムにドラフト1位で入団した右腕。入団からしばらくは中継ぎで活躍していたが、96年にホークスへ移籍すると先発で活躍。移籍1年目から15勝を挙げ、98年には最多勝に輝き、オフにFAで中日に入団。開幕から2戦連続完投を記録するなど活躍。シーズン途中に不調に陥り10敗を喫したものの、チーム3位の9勝を挙げリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは古巣のホークスにボコボコにされた。2002年に巨人に移籍したもののその年限りで引退。その後は2006年のWBCの投手コーチを務めた後にNHKで解説者を務める。その個性的な解説には賛否両論の声が上がっているが...?

 

【査定について】

尻上がり...7回以降に投げた31イニングのうち失点はわずかに8。

スロースターター...1,2回の50イニングで30失点。

一発...被本塁打率はそこまで悪くないが、15被本以上を4年連続で記録。コントロールとの兼ね合いも含めて

ケガ...キャリアを通じてケガが少ない。この年も足を亀裂骨折しながらも1年間ローテーションに入り続けた。

 

【コメント】

第1弾は武田一浩選手です。武田健吾選手ではありません。燃えドラ'99はかっこいい歌詞が多くて先発陣の紹介後の「八本柱の龍の城」というフレーズ無茶苦茶かっこいいのですがさすがに8人はキャンペーンが埋まっちゃうのでしません。燃えドラ'99からはもう1人制作予定です。