さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

投手】

岩瀬仁紀(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山内壮馬(2012年)

田島慎二(2016年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

立浪和義(1988年)

立浪和義(2002年)

仁村徹(1993年)

 

【外野手】

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

杉内俊哉(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

松坂大輔(2001年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

 河島廉也(パワポケ4)

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

岩瀬仁紀(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20190413234706j:image

f:id:sasakama_sakama:20190413234715j:image

f:id:sasakama_sakama:20190413234723j:image

 

岩瀬仁紀(2011年)

56登板 0勝1敗 7H 37S 防御率1.48

 

皆さんご存知伝説の抑え。この年は開幕から調子が上がらず、失点する試合もあり、浅尾拓也に抑えを譲る場面もあったが、徐々に安定感を増し、シーズンが終わってみれば37S、防御率1.48と抑えとして活躍した。また6/16にはNPB新記録の通算287S、9月3日にはプロ野球史上初の300Sを達成した。特に浅尾との必勝リレーは鉄壁で、浅尾-岩瀬と繋いだ試合は脅威の勝率.946を誇った。

 

【査定について】

中継ぎ適正...引退後、サンデードラゴンズで「抑えから中継ぎに戻るのは簡単なものではない」と発言。実際に11年は抑えを勤めて8年目。後に中継ぎに復帰しましたが、11年当時は抑え1本の印象でした。

球速安定...調子を取り戻して以降は最高球速が140を割った試合が少ない為。*1

 

【まとめ】

翌年に最多セーブを獲得しましたが、安定感・安心感はこの年の方があった気がします。浅尾-岩瀬はやっぱりとんでもないリレーでしたね。

f:id:sasakama_sakama:20190414001244j:image

永遠に。

*1:プロスピにもついてるからいいよね

浅尾拓也(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20190413231318j:image

f:id:sasakama_sakama:20190413231329j:image

f:id:sasakama_sakama:20190413231344j:image

f:id:sasakama_sakama:20190413231416j:image

 

浅尾拓也(2011年)

79登板 7勝2敗 45H10S 防御率0.41

MVP GG賞 最多登板

 

史上最高のセットアッパー。前年から勝ちパターンの一角として活躍。開幕戦の横浜ベイスターズ戦で同点の9回に登板し、サヨナラ負けを喫するも、その後は中継ぎエースとして79登板と大車輪の活躍。10月18日の優勝決定戦では同点の場面で登板、2回1/3を無失点で抑え見事胴上げ投手に輝いた。奇しくも場所は開幕戦と同じ横浜スタジアムであった。最終的に防御率0.41、WHIP0.82という圧倒的な数字で中継ぎ投手ながらリーグMVP*1とGG賞を受賞した。

 

【査定について】

スタミナ...09年には先発をしていた為、先発もできるような数字に、圧倒的な成績も加味。

緊急登板...

回跨ぎ...前年共にセットアッパーを務めた高橋聡文が離脱した事もあり、ロングリリーフも多かった。投球回は87.1回。

フォーク...Q.SFFじゃないの?A.浅尾のフォークはフォーク派です。

 

【アレ】

フォームが藤川のフォームになってます。アレなので各自で直してください...。

どっちもすごい中継ぎなので間違えました...。スリークォーター39です。

【まとめ】

大変お待たせいたしました。2011年はすごいすごかったですね。昨季で現役引退。昨年の最後の頑張りはかっこよかったです(元からかっこいいけど)。最後の浅尾-岩瀬のリレーは涙が止まりませんでした。本当に現役お疲れ様でした。

 

*1:当時は先発で18勝を挙げた吉見が受賞すべきだったという意見もあり、記者会見では「自分には縁のない賞だと思っていたので、喜びより驚きの方が大きい」や「吉見の勝ちを2つ消しているので、本当なら吉見は20勝。だから、吉見が選ばれると思った」と発言した。謙虚だしイケメンだしお前は俺をどうしたいんだ

松坂大輔(2001年)

f:id:sasakama_sakama:20190326231024j:image

f:id:sasakama_sakama:20190326231034j:image

f:id:sasakama_sakama:20190326231043j:image

 

松坂大輔(2001年)

15勝15敗 防御率3.60

沢村賞 最多勝最多奪三振 GG賞

 

99年に新人王と最多勝、00年にも最多勝最多奪三振を獲得した平成の怪物は、更なる飛躍と活躍を期待された01年、キャンプから絶好調で2年連続の開幕投手に指名されるも6回6失点で敗戦投手に。その後も調子が上がりきらず、6月時点で既に昨シーズンの負け数を越えるなど大不調に陥ったが、当時の仰木監督は松坂を使い続け、9月には無四球完封なども記録する。そして優勝争い真っ只中にあった9月24日、近鉄戦で発登板。8回まで5失点を喫しながらも必死の投球を続けるも9回、北川に代打本塁打を浴び1点差に詰め寄られ、続く水口に四球を与えてしまう。この日プロ野球55本塁打を放ったローズは三振に抑えるも、4番・中村紀に投じた164球目、打球は右中間スタンドへと吸い込まれてサヨナラ負け。松坂はがっくりと膝をついた。翌登板の日ハム戦でも敗戦投手となり、成績は15勝15敗。沢村賞については選考委員から反対意見もあったが、両リーグで唯一の15勝投手であることや、240回1/3という圧倒的な投球回数などが評価されての選出された。

 

【査定について】

回復B...32先発登板、投球回240.1投球数も100を超える試合がほとんど。

対強打者...対4番被打率.150(100-15) 6本

変化球...なるべく3球種までにしたかったが、この赤特では15勝は厳しいよね...

乱調...突如コントロールを乱して打たれる試合が多々あり。

 

【まとめ】

制作までにとんでもなく時間がkakarimasita。今季も頑張って15勝15敗ぐらいしてほしいですね。

田島慎二(2016年)

f:id:sasakama_sakama:20190312015349j:image

f:id:sasakama_sakama:20190312015358j:image

f:id:sasakama_sakama:20190312015406j:image

 

田島慎二(2016年)

防御率2.44 3勝4敗 17S

 

開幕から大活躍!プロ1年目の輝きを取り戻した年度。3月29日の開幕戦に登板すると好投を続け、開幕27試合連続無失点のプロ野球新記録を達成。31試合目まで無失点を続けた。シーズン途中からは抑えを任され、オールスターにも出場した。

しかし疲労もあったのか、オールスター前までの防御率0.74に比べるとオールスター後は防御率5.16と落ち込んだ。今回は2016年の前半と後半のブレンド

 

【査定について】

基本パワプロ2016ver1.06の能力。

変更点のみ解説

ノビF→ノビE...年間の直球被打率は.323 被本塁打4本(計5本中)と打たれているが、前半の映像を見るとキレッキレの変化球で抑えつつ直球も混ぜることで抑えている感じだったが、Fにまでしちゃうと打たれすぎてしまうのでEに。

コントロール...7月までの被本塁打1より。ただし逃げ球をつけてしまうと本当に打たれにくくなってしまうし、後半の疲労が出てきたあたりで打たれる感じも再現したいのでコントロールを少しあげる程度にしました。*1

 

【ひとこと】

おまたせしました。久しぶりの更新です。一時期が本当にすごかった選手の年間を査定するのはとても難しいですね。タジマジン!この時の輝きを取り戻してくれ!

 

《おまけ》

2012年(ルーキー年)のデフォルト能力の田島

f:id:sasakama_sakama:20190312021148j:image

 

《おまけ2》

2014年(NPBタイ記録の1イニング3連続死球をした年)のデフォルト能力の田島

f:id:sasakama_sakama:20190312021253j:image

*1:シュート回転もあるからね...

2011年 中日ドラゴンズ リンクページ

 

2011年 中日ドラゴンズのページです

 

投手】

 吉見一起

マキシモ・ネルソン

エンジェルベルト・ソト

伊藤準規

鈴木義広

小林正人

川井雄太

浅尾拓也

岩瀬仁紀

【捕手】

谷繁元信

小田幸平

小山圭司

 

内野手

トニ・ブランコ

井端弘和

堂上直倫

森野将彦

荒木雅博

佐伯貴弘

 

【外野手】

和田一浩

平田良介

大島洋平

小池正晃

堂上剛裕

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます

関本賢太郎(2013年)

f:id:sasakama_sakama:20190219194157j:image

f:id:sasakama_sakama:20190219194204j:image

f:id:sasakama_sakama:20190219194213j:image

 

関本賢太郎(2013年)

.278 0本 5点

 

17年目を迎えたベテランは開幕から右の代打、守備要員として出場。5月に一時ケガで離脱するも、7月にこの年初打点を記録するなど、活躍した。

 

【査定について】

バント〇...2008年1試合4犠打のプロ野球記録を達成。1この年は2犠打のみだが、成功率は1.000。

逆境...放った12本の安打のうち8本がビハインドの場面。

選球眼...出塁率.415

 

【まとめれました】

関本といえば二塁手として連続守備機会無失策記録を更新した2007年ですが、どうしても代打時代を再現したかったのでしました。