さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

投手】

岩瀬仁紀(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山内壮馬(2012年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

立浪和義(1988年)

立浪和義(2002年)

仁村徹(1993年)

 

【外野手】

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク(工事中)

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

杉内俊哉(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

 河島廉也(パワポケ4)

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

関本賢太郎(2013年)

f:id:sasakama_sakama:20190219194157j:image

f:id:sasakama_sakama:20190219194204j:image

f:id:sasakama_sakama:20190219194213j:image

 

関本賢太郎(2013年)

.278 0本 5点

 

17年目を迎えたベテランは開幕から右の代打、守備要員として出場。5月に一時ケガで離脱するも、7月にこの年初打点を記録するなど、活躍した。

 

【査定について】

バント〇...2008年1試合4犠打のプロ野球記録を達成。1この年は2犠打のみだが、成功率は1.000。

逆境...放った12本の安打のうち8本がビハインドの場面。

選球眼...出塁率.415

 

【まとめれました】

関本といえば二塁手として連続守備機会無失策記録を更新した2007年ですが、どうしても代打時代を再現したかったのでしました。

陽耀勲(2012年)

f:id:sasakama_sakama:20190214193043j:image

f:id:sasakama_sakama:20190214193052j:image

f:id:sasakama_sakama:20190214193100j:image

f:id:sasakama_sakama:20190214193108j:image

 

陽耀勲*1(2012年)

 2勝3敗 1H 防御率1.48

 

現巨人の陽岱鋼の実兄であり(ただし弟と違い日本国内の高校に在籍していなかった為、外国人登録)、150キロ越えのストレートを操るサウスポー。入団から6年間はあまり活躍できずにいたが、2012年は二軍で好投し、8月に一軍登録されると、17日のオリックス戦で三安打無四球でプロ初完封を記録。最終的に2勝3敗と勝ち星は伸び悩んだものの、防御率1.48、whip0.98という活躍でローテーションに定着し、オフにはWBCにも出場した。翌年、自由契約となりアメリカAA級を経て台湾球界に復帰、怪我で野手転向するも2016年には打率.281、17本塁打、最多三塁打(6本)などと活躍した。

 

【査定について】

奪三振...奪三振率9.49

コントロール、四球...もともと荒れ玉の選手である為、コントロールは低くしたが、前述の通り無四球完封や、この年の四球率がコントロールの割に悪くないことを考慮して四球はつけませんでした。

野手能力...二軍戦で本塁打を放つなど、既に野手の素質は見せていた。走塁Bは完全に最多三塁打のイメージ。

 

【】

2013WBCの映像に出てきたので作ってみました。統一球時代の選手は査定が難しいですね

*1:読み方は「ヤン・ヤオシュン」

マイケル・クロッタ(2014年)

f:id:sasakama_sakama:20190209164946j:image

f:id:sasakama_sakama:20190209164955j:image

f:id:sasakama_sakama:20190209165005j:image

f:id:sasakama_sakama:20190209165013j:image

 

マイケル・クロッタ(2014年)

 

61登板 4勝5敗 6S 30H 防御率2.62

 

最速156キロのストレートと変化球を操る右腕。MLBでは15試合のみの出場だったが、2014年に日本ハムに入団すると宮西尚生増井浩俊らとともに強力リリーフ陣を結成。チームのAクラス入りに貢献した。

 

【査定について】

対ピンチ...被打率.230、得点圏.159

変化球中心...変化球率74.67%

回復...色々考えた結果Bに。長いから下に書きます。*1

回跨ぎ...回跨ぎした8試合全て無失点。

抑え適正...武田久の離脱、増井の不振に臨時クローザーとして6S

 

【あ】

5/15の中継ぎ5人のヒーローインタビューが印象的ですね。こういう1年だけでも活躍した外国人選手意外と好きです。

*1:先ず61登板という数字から見るとB。しかーし月別防御率を見ると3,4月0.63、5月0.79、6月0.96、7月1.74、8月7.20、9,10月9.00と、月を追うごとにべらぼうに下がっていることがわかる。こうなると回復Cにしようかと考えた。しかーし!クロッタはこの年、5月に第二子出産に立ち会う為の一時帰国と8月上旬の左脇腹腹筋の捻挫で2度離脱している。ひょっとしてこの2度の離脱が無ければ70試合(回復A並)に到達していたのでは?つまりそれ以前は70試合ペースで登板していたのではないかと考えた。8月以降の急激な防御率の爆上げは捻挫の離脱の影響と考えられる。回復Bなのに回復A並の登板していたら疲労が溜まるわな...と思ったことと、さすがに回復Cでは「選手本来の能力を査定する」という点から見て再現しきれてないと感じてBにしました。長い!

森岡良介(2014年)

f:id:sasakama_sakama:20190209003238j:image

f:id:sasakama_sakama:20190209003245j:image

f:id:sasakama_sakama:20190209003252j:image

 

森岡良介(2014年)

.276 2本 31打点

 

明徳義塾高校を主将として甲子園初優勝に導いた後、中日に1巡目指名で入団。立浪和義の後継者と期待されたが、6年目の08年に首脳陣との衝突*1が原因で戦力外。トライアウトを経てヤクルトに入団した。移籍1年目から徐々に出番を増やし、2012年から14年にかけ、3年連続で100試合以上に出場した。2016年には大不振でイップスに陥り引退を決断。ファンから惜しまれながらユニフォームを脱いだ。

 

【査定について】

デフォを元にちょっとずついじってます。

ケガ...デフォではBですが、4月に肉離れで一時離脱しているのでCに

チャンス...デフォではEだが、得点圏打率は.257とそこまで低くはないのでD

対左...対右打率.303、対左.100文句なし!

中日キラー...むり

 

【アレ】

16年のオープン戦では元チームメイトの山本昌引退試合で打席に入り、三球三振。昌さんの花道を飾りました。

 

*1:二軍戦で、4回裏無死満塁のチャンスで三振に倒れて、ベンチに戻ってきた堂上剛裕を高柳秀樹二軍打撃コーチが激しく叱責。ベンチにいた森岡は高柳コーチに抗議し、一触即発の状態となった。翌日の24日の練習前のミーティングで、辻発彦二軍監督は高柳コーチの発言を擁護し、逆に森岡に非難する発言をし、森岡に1週間の謹慎処分が課された。(コピペ)まあ暴言を吐いた上に選手を守らない首脳陣が一方的に悪いのではと思いますが

飯山裕志(2012年)

f:id:sasakama_sakama:20190202231537j:image

f:id:sasakama_sakama:20190202231548j:image

f:id:sasakama_sakama:20190202231556j:image

 

飯山裕志(2012年)

.176 0本 2打点

 

日本ハム一筋の「守備のクローザー」。

プロ野球生活をほぼ守備で生き抜き、ユーティリティなプレイヤーとして終盤の守備固めで活躍した。2012年は85試合に出場。日本シリーズ第4戦では巨人西村健太朗からサヨナラヒットを放ち、打撃でもチームに貢献した。イケメン。

 

【査定について】

対左...打席数は少ないものの、対右打率.290、対左打率.081と極端

捕手、一塁手適正...二軍での捕手としての出場はあるものの、一軍での出場はないこと、選手作成の都合上守備力E以下の適正がつけれない等の理由から今回は排除。

 

【まとめ】

2017年の引退試合では、7回表から遊撃の守備固めで途中出場。8回表には二塁手田中賢介と二塁ゴロ併殺を完成させた。最後は9回表2死から大城滉二が放った遊撃ゴロを自らさばいて20年間の現役生活を締めくくった。引退スピーチでは「飯山裕志プロ野球選手を辞めます。しかし、野球という素晴らしいスポーツは一生辞めることはないと思います。」と締めくくり、最後に仲間達の長渕剛「勇次」の大合唱が流れ、現役の別れを告げた。

かっこいい....

 

権藤博(1967年)

f:id:sasakama_sakama:20190127000006j:image

f:id:sasakama_sakama:20190127000020j:image

f:id:sasakama_sakama:20190127000027j:image

 

権藤博(1967年)

.215 5本 27打点

最多犠打

 

「権藤権藤雨権藤」も、3年目に肩を故障し、プロ入り5年目で野手転向。バッティングなどに苦しんだが、転向3年目、107試合に出場し最多犠打を獲得。安打、本塁打数共に自信キャリアハイを記録。ようやく打撃の何たるかをつかみかけたと感じたがこの3年間で当時の監督である西沢道夫の期待に答えたというほどの結果は残せなかったという。

 

【査定について】

バント〇...最多犠打

三振...三振率15.1%

盗塁...6盗塁6盗塁死

走塁...2塁打8本、3塁打3本

送球...翌年、権藤は1年だけ投手に復帰しているが、そのきっかけが杉下茂が監督に就任し、権藤の内野手としてのスローイングを見て、投手陣が弱体化していたこともあり「やっぱりお前はピッチャーだろう。もう一回やってみないか」*1という話があったので送球に問題があったと判断しEに。

 

【まとめ】

投手時代と野手時代、どちらを作ろうか迷いましたがOB収録されていることもあり、野手転向後を作成してみました。データが少ないこともあり、十分に再現できてないかも知れませんがご了承ください。

野球殿堂入りおめでとうございます。

 

 

*1:コピペ