さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

中日ドラゴンズ(2011年)

 

投手】

服部受弘(1949年)

水谷寿伸(1965年)

板東英二(1967年)

郭源治(1988年)

川上憲伸(1998年)

武田一浩(1999年)

岩瀬仁紀(1999年)

今中慎二(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山本昌(2010年)

山内壮馬(2012年)

田島慎二(2016年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

宇野勝(1979年)

立浪和義(1988年)

仁村徹(1993年)

立浪和義(2007年)

 

【外野手】

大島康徳(1974年)

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

関川浩一(2002年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

高橋一三(1969年)

渡辺秀武(1970年)

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

沖原佳典(2003年)

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

小林誠二(1984年)

 

【捕手】

 

内野手

ルイス・メディーナ(1994年)

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

小谷正勝(1971年)

野村収(1978年)

 

【捕手】

 

内野手

フェリックス・ミヤーン(1979年)

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

工藤公康(1999年)

篠原貴行(1999年)

寺原隼人(2003年)

杉内俊哉(2011年)

森福允彦(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

湯上谷宏(1988年)

川崎宗則(2003年)

小久保裕紀(2011年)

 

【外野手】

秋山幸二(1999年)

大道典嘉(2003年)

松中信彦(2011年)

内川聖一(2011年)

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル中村(2006年)

武田久(2009年)

武田勝(2010年)

中村勝(2014年)

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

松坂大輔(2001年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

南牟礼豊蔵(1989年)

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

野茂英雄(パワプロ'94デフォルト)

河島廉也(パワポケ4)

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

ドゥシャン・ルジク(2019年・プレミア12)

梁玹種(2019年・プレミア12)

 

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

f:id:sasakama_sakama:20191212005743j:image
f:id:sasakama_sakama:20191212005739j:image
f:id:sasakama_sakama:20191212005747j:image

ホークス日本一キャンペーン 特別編

 

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

 

ご存知ソフトバンクの監督。2018年に宮崎で行われた巨人宮崎キャンプ60年記念 ジャイアンツVSホークスOB戦でホークスの先発として出場。54歳という年齢ながら最速126キロの直球と大きく変化するカーブを操り、高橋由伸松井秀喜王貞治ら並み居る最強打者相手に2回無失点と好投した。

 

【査定について】

緩急〇...カーブと直球のコンビネーションは健在。

一発...松井秀にあわやホームランという当たりの特大ファールを浴びたり、球数が増えた2回には球をジャストミートされていた

 

【ひとこと】

特別編はOB戦の工藤監督でした。正直これがやりたくてこのキャンペーンを始めたみたいなとこがありました。OB戦の投手の査定は初めてだったのですが、2016年のOB戦の工藤をカメハさんが作ってたりしたのでちょっと参考にさせていただいたりしました。だいぶ似ちゃったけど許して...。

それと今キャンペーンで2017年のサファテ、2018年の甲斐拓也も制作予定だったのですが、なかなかハードなのでできたらまた追加するという形にさせてもらって今回でキャンペーンは一区切りとします。お付き合いありがとうございました〜

 

内川聖一(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191201225146j:image
f:id:sasakama_sakama:20191201225149j:image
f:id:sasakama_sakama:20191201225152j:image

ホークス日本一キャンペーン 第10弾

 

内川聖一(2011年)

 

打率.338 12本 74打点

獲得タイトル:MVP 首位打者 ベストナイン(外野手)

 

御存知、鷹の安打製造機。移籍1年目の2011年は、開幕から好調を続け4月に月間MVP・交流戦でもMVPを獲得するなど大活躍した。故障の影響もあり、7月は無安打に終わるも復帰後は更に安打を重ね、最終的に打率.338首位打者MVPにも輝いた。ポストシーズンでも全試合に出場し、特に中日との日本シリーズの第7戦では、7回裏にセ・リーグMVPの浅尾から日本一を決定付けるタイムリーヒットを放った。翌年から背番号を1に変更したので背番号24はこの年限りであった。

 

【査定について】

ミート...打率的にはAにするかは微妙なところだが、統一球補正と内川にはAが似合うのでA

初球...ノーストライク時打率.398 8本塁打

内野安打...内野安打数的には微妙だが、前年に比べて平均一塁到達速度が速まっており、併殺数も飛躍的に下がっている

捕球...この年失策0、故障離脱や外野手ということも考慮してもう少し下げようか迷ったが、今年一塁手としてパ・リーグの守備記録を作ったのも考慮してCに。

 

【ひとこと】

キャンペーンの2011ラストの選手は内川選手です。あの年の浅尾が打たれたのは本当に衝撃でした。この年から顔に輝きが戻った気がします。

次回の2018年と2019年からは1人づつぐらい作成しようと思ってます。お楽しみに!

松中信彦(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191126231546j:image
f:id:sasakama_sakama:20191126231543j:image
f:id:sasakama_sakama:20191126231549j:image

ホークス日本一キャンペーン 第9弾

 

松中信彦(2011年)

打率.308 12本 36打点

 

平成の三冠王。みんな知ってるね。プロ入り15年目の2011年は、故障や内川、カブレラの加入もあり出場は86試合に留まったが、内川の故障離脱の際には3番に定着するなど活躍。最終的に規定未到達ながら打率.308、12本の本塁打を記録した(しかも統一球)。ポストシーズンでも11月4日の西武とのクライマックスシリーズ第2戦では8回に牧田和久から代打満塁ホームランを放ち、チームの日本シリーズ出場・日本一に大きく貢献した。

 

【査定について】

パワー...266打席で12本塁打。統一球でこの成績はすごい。

威圧感...実績、成績と普通に松中が打席に立ったら怖い。

代打〇...上述の代打満塁本塁打要素と、代打率.364(11-4)と普通にいいので

インコース対変化球...

メインポジション...この年は外野手登録

 

【ひとこと】

前回の小久保に精神的支柱をつけたので対比じゃないですが松中には威圧感をつけました。代打満塁本塁打はこの年のホークスの強さを表している本塁打じゃないでしょうか。

 

梁玹種(2019年・プレミア12)

f:id:sasakama_sakama:20191117234820j:image
f:id:sasakama_sakama:20191117234816j:image
f:id:sasakama_sakama:20191117234823j:image

 

梁玹種(2019年・プレミア12)

 

16勝8敗 防御率2.29 (2019 KBO成績)

獲得タイトル:最優秀防御率

 

韓国最強左腕。昨日のプレミア12決勝戦の日本戦で先発を務めた。ノビのあるストレートとチェンジアップを武器とし、2017年には20勝で最多勝、MVPに輝き、2019年には2度目の最優秀防御率を獲得。名実ともに韓国最強左腕となった。プレミア12でも3試合に登板しアメリカ相手に5.2回1失点など2勝を挙げ、今日の決勝戦に登板するも3回4失点で惜しくも敗戦投手となった。

 

【査定について】

ノビ...あった

球持ち...たぶんあのフォームだと見にくい

ポーカーフェイス...サングラスをかけているのでかっこいい

一発...制球はそんなに悪くないが被本塁打が多い気がする(KBOが打高?)今季のKBOは昨年と比べて本塁打が半減するほど打低でした+決勝要素

スロースターター...昨日も立ち上がりが少し安定してなかった。2019年成績を見ても1・2回被打率が悪い。

 

【ひとこと】

投げ方がかっこいいね!パワターはシーズン中は赤のグラサンなので赤にしました。

f:id:sasakama_sakama:20191118001927j:image

君も梁玹種をDLして稲葉JAPAN(稲葉)にリベンジだ!!

 

小久保裕紀(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191116142327j:image
f:id:sasakama_sakama:20191116142330j:image
f:id:sasakama_sakama:20191116142324j:image

ホークス日本一キャンペーン 第8弾

 

小久保裕紀(2011年)

打率.269 10本 48打点

獲得タイトル:ベストナインゴールデングラブ賞(一塁)

 

ホークス・巨人で活躍したスラッガー。みんな知ってるね。プロ18年目の2011年は開幕戦で木佐貫洋から死球を受け骨折をするも10日で復帰し、5月には通算400本塁打を達成。その後も度重なる故障に悩まされ最終的に98試合の出場に留まるも2桁本塁打を記録し、ベストナインゴールデングラブを受賞。そしてなにより司令塔としてチームを優勝へ導いた。中日との日本シリーズでは全試合に出場し、打率.320、第4戦と5戦の2試合連続先制打、無失策と8年ぶりの日本一に貢献し、日本シリーズMVPを獲得。40歳1ヶ月での日本シリーズMVPは2019年現在で最年長記録である。翌年西にノーノーされて引退。2017年までは侍ジャパンの監督を務めたことも記憶に新しい。

 

【査定について】

精神的支柱...ホークス復帰後の小久保は正にチームの柱。もちろんこの年のホークスの戦力は半端じゃないですが、圧倒的な強さで優勝したのは小久保のキャプテンシーにもあったではないでしょうか

プルヒ...本塁打が全部引っ張り方向

威圧感...あったけど流石に能力が高くなりすぎるかと

逆境、満塁男...威圧感がない代わりに小久保が打席に立った時のふいんきを表現。数字的に見るとアレですが小久保らしさも出るので良いでしょう

守備適性...最後の5年間は一塁以外の守備についていない。一塁の守備につくとチームが引き締まる感を出したかったので他のポジションはつけず。

 

【ひとこと】

ホークスはこういう頼りになるベテランがいるのもチームの強みだと思います。小久保はその中でも別格ですけどね…

森福允彦(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191113221925j:image
f:id:sasakama_sakama:20191113221922j:image
f:id:sasakama_sakama:20191113221930j:image

ホークス日本一キャンペーン 第7弾

 

森福允彦(2011年)

60試合 4勝2敗 防御率1.13

 

サイドスローからの変化球で打者を討ち取るセットアッパー。プロ入り5年目の2011年は、内角に投じるシュートで右打者にも対応。開幕から勝ちパターンとして活躍し、6月1日まで17試合連続無失点を記録。先発に回った摂津や不調に陥った馬原などでコマ不足になったリリーフ陣の中で活躍を続け、最終的にチーム最多の60試合に登板し、防御率1.13とクライマックスシリーズでも2試合に登板し無失点。迎えた中日との日本シリーズでは、5試合に登板。特に第4戦では6回1点リード無死満塁から登板し、小池正晃を空振り三振、平田良介をレフトフライ、谷繁元信をショートゴロに抑えチームを勝利に導き、この活躍は「森福の11球」と評された。その後も4年連続で50試合以上に登板するなど活躍した。その後巨人に行ったとか行ってないとか...

 

【査定について】

変化球...スライダーの被打率は脅威の.086。変化量6以上でも納得の数字だが、この年はフォームが固まったことで制球が安定し、ストライク先行率も上がっている。6にしてしまうと少し外れる球が増えるかなと思ったので5にしてキレ〇をつけました。

対左B...先述の通りこの年は右打者にもしっかりと対応し、好成績を納めたのは間違いないが森福の強みといえば左打者はほぼ確実に抑えたこと。フォームから見てもこれは間違いないし、数字でも出ている(対右打者OPS.570、対左打者OPS.373)

緊急登板...11球要素、だけでなくワンポイントとしての起用もあり、好成績を残した為

 

【ひとこと】

やべー