さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

中日ドラゴンズ(2011年)

 

投手】

服部受弘(1949年)

水谷寿伸(1965年)

板東英二(1967年)

小松辰雄(1985年)

郭源治(1988年)

川上憲伸(1998年)

武田一浩(1999年)

岩瀬仁紀(1999年)

今中慎二(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山本昌(2010年)

山内壮馬(2012年)

田島慎二(2016年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

宇野勝(1979年)

藤王康晴(1984年)

立浪和義(1988年)

バンスロー(1990年)

仁村徹(1993年)

福留孝介(2001年)

渡邉博幸(2004年)

立浪和義(2007年)

 

【外野手】

大島康徳(1974年)

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

関川浩一(2002年)

福留孝介(2004年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

高橋一三(1969年)

渡辺秀武(1970年)

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

沖原佳典(2003年)

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

小林誠二(1984年)

 

【捕手】

 

内野手

ルイス・メディーナ(1994年)

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

小谷正勝(1971年)

野村収(1978年)

 

【捕手】

 

内野手

フェリックス・ミヤーン(1979年)

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

工藤公康(1999年)

篠原貴行(1999年)

寺原隼人(2003年)

杉内俊哉(2011年)

森福允彦(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

湯上谷宏(1988年)

川崎宗則(2003年)

小久保裕紀(2011年)

 

【外野手】

秋山幸二(1999年)

大道典嘉(2003年)

松中信彦(2011年)

内川聖一(2011年)

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル中村(2006年)

武田久(2009年)

武田勝(2010年)

中村勝(2014年)

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

松坂大輔(2001年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

南牟礼豊蔵(1989年)

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

野茂英雄(パワプロ'94デフォルト)

河島廉也(パワポケ4)

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

ドゥシャン・ルジク(2019年・プレミア12)

梁玹種(2019年・プレミア12)

 

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

ウィット・メリフィールド(2019年 カンザスシティ・ロイヤルズ)

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

英智(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200407183322j:image
f:id:sasakama_sakama:20200407183313j:image
f:id:sasakama_sakama:20200407183319j:image

 

英智(蔵本英智)(2004年)

 

打率.269 0本 19打点

タイトル:ゴールデングラブ賞

 

俊足堅守超強肩の外野手。名城大学から入団後、高い身体能力から活躍を期待されたが入団から2年間は一軍出場がなかった。2001年から出場機会を増やすと2004年からは守備重視の落合監督のもとで代走・守備要員として活躍。度々ファインプレーの活躍を見せると、8月からの福留の離脱時に右翼のレギュラーに定着。課題のバッティングでも2割後半を記録し、守備では無失策でゴールデングラブ賞を受賞し優勝に貢献した。日本シリーズでは第一戦に失策を記録するも、落合監督から「英智で捕れないんだったら誰でも捕れない。」と信頼感は揺るがず、3試合に先発出場した。その後も守備ではのスペシャリストとして落合野球を支え、2012年に引退。引退セレモニーでも超強肩を披露した。現在は中日の守備走塁コーチ。2020シーズンからは一軍に昇格する。

 

【査定について】

粘り打ち...初球から積極的に打っていく打者だが、ストライクカウント別で見ると2ストライク後の安打数が1番多い。

内野安打...201打数で10の内野安打

 

【ひとこと】

2011の査定をした時はバントをつけたけど今回はナシです。デフォにもついてるけどそこまで上手かった記憶はないな...

 

アレックス・オチョア(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200407074921j:image
f:id:sasakama_sakama:20200407074918j:image
f:id:sasakama_sakama:20200407074924j:image

 

アレックス・オチョア(2004年)

 

打率.294 21本 89打点

タイトル:ゴールデングラブ賞

 

イチロー以上とも評された強肩が武器の外国人外野手。MLBでは専ら守備要員として6球団を渡り歩き色々あって2003年から中日に移籍。守備では開幕から強烈なバックホームを見せるなど存在感を示し、打撃でも21本塁打を記録。翌2004年は開幕から5番・センターで出場し、前年の課題であった勝負弱さも克服。福留,英智と共に鉄壁の外野人を築きリーグ優勝に貢献。五輪の福留離脱時や、その後の福留離脱後、日本シリーズでは4番も務めた。4月13日にサイクル安打を記録し、史上唯一のMLBNPBサイクル安打を達成した打者となっている。その後色々あって2007年からは広島に移籍したが、流石にアレックスも肩などの衰えが目立ち翌年引退。引退後はレッドソックスのコーチ・コーチ補佐等を務め、現在はエリートジムの所長。

 

【査定について】

内野安打...右打者ながら内野安打数17を記録

守備職人...MLBで守備要員として活躍。もちろん高い身体能力も有るけどフェンス際での捕球など技術を活かしたファインプレーも見せた。

調子極端...長打を求められたチーム状況もあったが、いい時のバッティングが続かず月別成績はやや極端に

 

【ひとこと】

作るのが難しかったです

 

立浪和義(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200403114759j:image
f:id:sasakama_sakama:20200403114804j:image
f:id:sasakama_sakama:20200403114809j:image

 

立浪和義(2004年)

 

打率.308 5本 70打点

タイトル:ベストナイン

 

ミスタードラゴンズ。2003年に2000本安打を達成し、迎えた2004年は選手会長からは退いた物のチームリーダーを務め開幕から3番・サードとして出場。シーズン前半は絶好調で7月までの打率.352、得点圏打率は驚異の5割前後をキープしていたが、内角責めなどに苦しみ夏場以降はペースダウン。開幕当初から狙っていた首位打者の獲得には至らなかったが、強烈な存在感でリーグ優勝に貢献した。日本シリーズ第2戦では平成の怪物から同点3ランを放つなど勝負強さを魅せた。

 

【査定について】

チャンス...シーズンの得点圏打率は.372に収まったが、前述の通り夏場までの5割越えや、安打以外で打点を記録するシーンが多く、「得点圏での働き」を考慮するとチャンスAでも全然ありじゃないかと思ったが、満塁男がどうしてもつけたかったので打点も考慮してBで留めました。2020から追加される野手回復があればAにもできる査定だと思います。

内野安打...大魔神からサヨナラ勝ちした時の内野安打がむちゃくちゃ足ハヤイ

満塁男...

f:id:sasakama_sakama:20200403122323j:image

この年限定のデータはありません!! でもつけたいじゃん...通年で満塁男つけれる満塁強さはあると思います。これで1割台とかだったら泣いちゃうかも

 

【ひとこと】

どう査定してもはるまきさんとこのに似てしまうのではるまきさんはすごいなあと思いました。

お目汚し

 

井端弘和(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200329163842j:image
f:id:sasakama_sakama:20200329163848j:image
f:id:sasakama_sakama:20200329163844j:image

 

井端弘和(2004年)

 

打率.302 6本 57打点

タイトル:ゴールデングラブ賞 ベストナイン

 

走攻守小技揃った遊撃手。有名だね。入団4年目から頭角を表し福留、イジョンボム等を退けレギュラーに定着。2002年には初のベストナインを獲得。落合監督就任の2004年には立浪のあとを継ぎ選手会長に就任。シーズン当初は1番を務めたが、荒木の1番定着に伴い2番に固定されると得意の右打ちや小技で実力を発揮し、自身初の3割を達成した。守備でも荒木との鉄壁の二遊間でリーグ優勝に大きく貢献。優勝直前の9月2日の広島戦では二塁打一本三塁打一本を含む6打数5安打の固め打ち。最後まで選手会長としての役割を果たした1年だった。(なおチームはこの試合敗れた。)

 

【査定について】

固め打ち...猛打賞は荒木と並ぶ15回

肩力...元々地肩は強い方ではないが、技術で補うタイプそれでもとんでもない送球見せたりするときもあったけど

 

【ひとこと】

f:id:sasakama_sakama:20200329164502j:image

普通です

 

荒木雅博(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200327002011j:image
f:id:sasakama_sakama:20200327002017j:image
f:id:sasakama_sakama:20200327002013j:image

 

荒木雅博(2004年)

 

打率.292 3本 44打点

タイトル:ゴールデングラブ賞 ベストナイン

 

俊足堅守のスーピドスター。2004年は「10%の底上げ」を掲げる新監督・落合博満の元、範囲は抜群ながら送球イップスによって自信を無くしていた守備を猛特訓。打撃も開幕当初は調子が上がらずにいたが、1番抜擢によって3割近くを記録。掴みきれずにいたレギュラーの座を確実なものとした。とくに井端弘和との二遊間コンビは鉄壁で、この年初めて2人揃ってGG賞受賞。リーグ優勝と最小失策記録のチームに大きく貢献した。

 

【査定について】

チャンスB...得点圏打率.377。セ・リーグの規定到達打者の中で横浜・種田に継ぐ2位。

対左B...対左打率.333 ホームランも全て左打者から

かく乱...足が早くて盗塁を仕掛ける打者が塁に出たら投手が気にするのは当然ですが、この頃のドラゴンズは荒木が出て井端が繋いで立浪以降が還す打線の繋がりこそが1番の強み。相手投手への塁に出た時のプレッシャーはとてつもなく大きいものだったと思うのでつけました。

 

【ひとこと】

 

 

森野将彦(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20200324235911j:image
f:id:sasakama_sakama:20200324235905j:image
f:id:sasakama_sakama:20200324235907j:image

 

森野将彦(2004年)

 

打率.272 4本 21打点

 

中日の誇る強打の左打者。みんな知ってるね。8年目の2004年は二塁手から打撃を活かす為に一塁・外野に挑戦。当初は代打起用が中心だったものの代打率.371と脅威の勝負強さを見せ、7月以降は福留の離脱も重なりスタメン機会が増加。英智・渡邉らとともに「名脇役」として優勝に貢献した。

 

【査定について】

守備適正...知っての通りユーティリティプレイヤー。入団時は遊撃手、2002年は二塁手で44試合に出場しているが、守備の評価はあまり良くなく、川上から文句を言われたこともあった(喧嘩しないで...)ので低めに。また、2005年からはサードとしてレギュラーを掴んでいくが、コレは落合ノックに代表される猛練習で三塁守備が上手くなったのでこの頃の適正をかんがえるとこのぐらい。本当はもっと細かく調整したいんですがKONAMIのいじわるで出来ませんでした。2020からはできるようにして〜!!!

 

【ひとこと】

でも守道監督時代のセカンド森野はようやっとったよね