さかまのパワプロブログ

再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

投手】

水谷寿伸(1965年)

岩瀬仁紀(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山内壮馬(2012年)

田島慎二(2016年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

立浪和義(1988年)

立浪和義(2002年)

仁村徹(1993年)

 

【外野手】

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

高橋一三(1969年)

渡辺秀武(1970年)

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

沖原佳典(2003年)

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

小林誠二(1984年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

小谷正勝(1971年)

 

【捕手】

 

内野手

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

杉内俊哉(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

湯上谷宏(1988年)

 

【外野手】

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

松坂大輔(2001年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

 河島廉也(パワポケ4)

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

沖原佳典(2003年)

f:id:sasakama_sakama:20190816232138j:image
f:id:sasakama_sakama:20190816232142j:image
f:id:sasakama_sakama:20190816232134j:image

 

沖原佳典(2003年)

打率.341 1本 17打点

 

シドニーオリンピックなどを経験した社会人出身の内野手。プロ入りは27歳と遅かったが、入団当初は当時の野村監督からF1セブンの1人と位置づけられ、1年目には4本の本塁打を記録する。3年目の2003年には代打からシーズン途中にスタメンで活躍し、規定打席未到達ながら.341の高打率で活躍。リーグ優勝に貢献した。翌年に入団した鳥谷敬の台頭もあり、2005年途中に楽天にトレードで入団し、初年度楽天を支えた。2008年に引退し、二軍内野守備コーチを経て現在はアマ・スカウトを務める。

 

【査定について】

チャンス...正確な数字は入手できなかったが、勝負強かったという記述と優勝決定戦での適時打を打ったことや、サヨナラ打を放った赤星の前に敬遠されていることから。2005年の得点圏も高い。

満塁男...打席は多くないが、2003-2005年の満塁打率は.500(12-6)より

 

【おまとめ】

阪神時代の沖原選手です。F1セブンの1人だけどそこまで瞬足ではないらしいですね...。色々探しているうちに楽天時代を再現している方もいてちょっと能力が似ちゃったんですけどまあ、いいでしょう。許して。

小谷正勝(1971年)

1971年オールスターゲーム 継投によるノーヒットノーランを達成した投手


先発 江夏豊(デフォ)
二番手 渡辺秀武(巨人)
三番手 高橋一三(巨人)
四番手 水谷寿伸(中日)
五番手 小谷正勝(大洋)(この記事)

 

f:id:sasakama_sakama:20190809220341j:imagef:id:sasakama_sakama:20190809220334j:image
f:id:sasakama_sakama:20190809220337j:image

 

小谷正勝(1971年)

58登板 11勝9敗 防御率2.13

 

國學院大学から大洋に入団した本格派右腕。完成度が高く、「稲尾と土橋をミックスした投手」とも評され、入団3年目の1970年から大洋初の専任ストッパーに就任。2年連続で50試合以上に登板するなど1971年のオールスターゲームでは水谷寿伸の後を受け登板し、打者8人に対し4奪三振を奪う快投でオールスター史上唯一の継投によるノーヒットノーランを達成した。1977年に引退した後にスカウトを経て投手コーチに就任。横浜、ヤクルト、巨人、ロッテなどを渡り歩き数々の名選手を育てた。現在は巨人の巡回コーチ。

 

[査定について]

スタミナ...先発としても通算2完投を記録している、専任ストッパーで基本1~2イニングが多いのでイニング数、球数から考えると低くなるがリリーフ登板でも7イニングを投げたりしているのでスタミナはあると判断。

変化球...スライダー、スローカーブは記述あり。Hスライダーは稲尾と土橋要素。非常に遅い球を投げていた記述があるので巨人時代ゴンザレスに伝授したチェンジアップを採用。

対ピンチ...度胸が武器。

キレ...メジャーリーガーも驚く鋭い変化球

重い球・ノビ...1970年の選手名鑑に「フォームが大きくなり、重い速球に威力が増した。」との記述。

緊急登板...「火消し職人」とも呼ばれた。他人の出したランナーをほぼ返さなかった。

 

【まとめ】

というわけで71年オールスターの継投ノーヒットノーランの投手を再現していました。60~70年代の査定は全然したことがなかったのですが全然起用の常識とかが違うので難しいですね。今後は80年代以降の再現が多くなると思うんですけど機会があればまたやってみます。

 

水谷寿伸(1965年)

1971年オールスターゲーム 継投によるノーヒットノーランを達成した投手


先発 江夏豊(デフォ)
二番手 渡辺秀武(巨人)
三番手 高橋一三(巨人)
四番手 水谷寿伸(中日)(この記事)
五番手 小谷正勝(大洋)

 

f:id:sasakama_sakama:20190806233249j:image
f:id:sasakama_sakama:20190806233242j:image
f:id:sasakama_sakama:20190806233245j:image

 

水谷寿伸(1965年)

50試合 15勝10敗 防御率2.48

 

便利屋の技巧派右腕。1959年に中日へ入団。プロ入り直後に肩を故障し、当初は打撃投手だったが、1964年頃から敗戦処理などで一軍に定着すると、翌65年には21先発を含む50試合に登板。自身初の2桁勝利で防御率2.48と好成績を残した。その後は先発・中継ぎ問わず活躍。1974年には中継ぎとして優勝に貢献し、日本シリーズにも登板したが、同年限りで引退した。その後はスカウト、二軍コーチなどを務め、現在は中日スポーツ評論家として活躍している。

 

[査定について]

変化球...スライダーを決め球として、カーブ・シュートを武器にしていた。カーブはスローカーブでタイミング外していた。

対ピンチ...前半戦終了時の防御率1位

クイック...投球でクイックとカーブが目立っていたとの記述。福本豊出現前なのでランナーがいる場面ではなく打者のタイミングを外すクイック投法だと考えられるが、正捕手の木俣達彦の盗塁阻止率が良いので採用

打たれ強さ...打ち込まれる試合がほとんどない、4失点以上の試合が3試合のみ。

キレ...球速は遅いが変化球のキレで勝負するタイプ

リリース〇...技巧派要素

緩急...カーブでタイミングを外す

 

 

高橋一三(1969年)

1971年オールスターゲーム 継投によるノーヒットノーランを達成した投手


先発 江夏豊(デフォ)
二番手 渡辺秀武(巨人)
三番手 高橋一三(巨人)(この記事)
四番手 水谷寿伸(中日)
五番手 小谷正勝(大洋)

 

f:id:sasakama_sakama:20190804201800j:image
f:id:sasakama_sakama:20190804201755j:imagef:id:sasakama_sakama:20190804201751j:image

 

高橋一三(1969年)

22勝5敗 防御率2.21 

沢村賞 最多勝 最高勝率 ベストナイン

 

巨人V9時代の左のエース。高卒2年目から頭角を現し、1966年に大きく曲がるスクリューボールを習得。5年目の1969年には22勝の大活躍で上記タイトルを獲得。阪急との日本シリーズでも第6戦で完投し、シリーズ初勝利で胴上げ投手となった。堀内恒夫と共に左右のエースとして5年連続2桁勝利を挙げるなど活躍。V9時代にはリーグ優勝、日本一を合わせて8度の胴上げ投手となった。

しかし、勤続疲労のためか74年に2勝、75年には6勝と低迷期が続き、75年オフ、富田勝と共に張本勲とのトレードで日本ハムファイターズへ移籍。1度は2桁勝利を挙げたものの、腰を痛め、引退考えるも軟投派にモデルチェンジ。再び復活し1983年まで現役を続行した。引退後は巨人・日ハムの投手コーチを務め、2015年、心不全の為死去。69歳没。「巨人の星」の星飛雄馬のモデルにもなった。

 

【査定について】

球速...堀内恒夫に匹敵する速さ。1970年代に指に特殊な装置をつけて球速を測定した際に156.46km/hを記録。信憑性は薄いが採用。

対左...被本塁打25本のうち左打者に打たれたのがわずか3本。左のエース感も出るよね。

クロスファイヤー...ダイナミックなフォームと豪速球から。

はい。その分ノビはCで調整。

キレ...スクリュー(シンカー)

クイック...映像を見てもセットになるとクイックE感がある。福本豊1年目。

一発 四球...単純にとんでもなく投げてるってのもあるが、71年に最多被本塁打、72年に最多与四球。73年には両方を獲得している。

人気者...オールスター出場6回

 

【ア】

前回もV9戦士を投稿しましたが、別にV9再現しようとしてないので大丈夫です。

渡辺秀武(1970年)

1971年オールスターゲーム 継投によるノーヒットノーランを達成した投手
先発 江夏豊(デフォ)
二番手 渡辺秀武(巨人)(この記事)
三番手 高橋一三(巨人)
四番手 水谷寿伸(中日)
五番手 小谷正勝(大洋)

 

f:id:sasakama_sakama:20190809223511j:image
f:id:sasakama_sakama:20190802154816j:image
f:id:sasakama_sakama:20190802154823j:image

渡辺秀武(1970年)

23勝8敗 防御率2.53 14与死

日本軽金属から巨人に入団した右腕。入団時から期待されたが最初の3年間ではわずか3勝と低迷、マウンド上の気の弱さも相まって「メリーちゃん」というあだ名で呼ばれたが、4年目の1966年のオープン戦で当時の大エース・杉浦忠を真似て下手投げで投球したところ、伸びのある直球が投げられたことからサイド寄りのアンダースローに転向。開幕後に頭角を現すと13勝を挙げ、堀内恒夫高橋一三と共にV9の主力投手として巨人黄金期を支えた。1970年にはチームトップ・リーグ2位の23勝、ノーヒットノーランを記録し大活躍した。1973年にトレードで日拓フライヤーズに移籍すると、大洋、ロッテ、広島などを渡り歩き1982年に引退。引退試合では左バッターの吉武春樹に対して「痛くないデッドボール」を投げて当時の与死球新記録を達成した。*1

引退後は広島のスカウトを務め、新井貴浩栗原健太らを獲得。2007年肺炎の為永眠。享年65歳。

 

[査定について]

スラーブ...スライダーという表記もあればカーブという記述もあるので間をとって、得意球。

対ピンチ...オーバー時代にランナーを出すと投球が崩れていたという表記アリ。WHIPに対しての防御率も参考に。

対左...アンダースロー、シュートはあるが、当時の選手名鑑にもっと内角低めのシュート使えみたいな記述。

クイック...福本豊は出現しているがまだ活躍していない。ランナーを出すと投球が崩れていたという表記。

調子極端...完投を除いた先発平均投球回が6イニング以下、序盤で崩れる試合も見られた。

リリース...アンダー要素。アンダースローでフォークやスライダーを投げるコツはストレートと同じ腕の振りをするのがコツらしい

重い球...アンダーの重い球っていいよね

勝運...20勝以上してて勝率もいいのでさすがにね。比較すると当時の巨人のエース堀内恒夫防御率2.07で18勝10敗

内角攻め...当てることを恐れずに内角へ投げ込んでいた。与死球多い。

乱調...与死球多いからね。

フォーム...アンダーにサイドよりのがないのでサイドのアンダーよりのを採用

 

 

*1:現在の与死球記録は東尾修

小林誠二(1984年)

f:id:sasakama_sakama:20190730215908j:image
f:id:sasakama_sakama:20190730215924j:image
f:id:sasakama_sakama:20190730215921j:image

 

小林誠二(1984年)

55登板 11勝4敗9S 防御率2.20

最優秀防御率

 

サイドスローから繰り出されるパームボールと直球を活かしたピッチングが特徴の右腕リリーバー。

高校時代は速球が武器だったが、 プロ入り後に肩を故障しサイドスローに転向。転向後すぐは本来のピッチングが出来なくなり1981年に西武ライオンズに移籍するが、そこでパームボールを習得。1982年には胴上げ投手にもなり、1984年に広島に復帰すると抑えとして大活躍。優勝決定戦では先発投手を務め、プロ初完投勝利をあげて、胴上げ投手になった。また、この試合で規定投球回に達した為、最優秀防御率のタイトルも獲得。日本シリーズでは4試合に登板、第1戦で勝利投手となり、史上初の両リーグでのシリーズ勝利投手も記録、広島の日本一に貢献した。しかし、パームボールを投げ続けたことで肘を故障し、1988年に現役を引退した。小林誠司ではない。

 

[査定について]

緩急...球速は速くないが、パームとの組み合わせで速く見せていた。

回跨ぎ...中継ぎ53試合で115回投げているが、完投するほどのスタミナはあるので今回は無しに

対左...もともと左打者に見えやすいフォームなんですが、広島に復帰した時は「見える」魔球であるパームを左右に投げ分けていたという表記から左打者も苦にせず投げられていたと予想。

 

[まとめ]

2005年から11年までは中日の投手コーチとして投手王国を支えました。ちなみにその時の登録名は「小林聖始」なんだそら