さかまのパワプロブログ

パワプロでいやらしく遊んでます。再現選手のパワナンバーの公開がメインです

パワプロ2018 公開選手一覧

公開選手一覧です

 

中日ドラゴンズ

 

中日ドラゴンズ(2011年)

 

投手】

服部受弘(1949年)

水谷寿伸(1965年)

板東英二(1967年)

小松辰雄(1985年)

郭源治(1988年)

川上憲伸(1998年)

武田一浩(1999年)

岩瀬仁紀(1999年)

今中慎二(1999年)

落合英二(2004年)

小笠原孝(2007年)

山本昌(2010年)

山内壮馬(2012年)

田島慎二(2016年)

 

【捕手】

木俣達彦(1970年)

 

内野手

権藤博(1967年)

宇野勝(1979年)

立浪和義(1988年)

仁村徹(1993年)

立浪和義(2007年)

 

【外野手】

大島康徳(1974年)

仁村薫(1988年)

井上一樹(1999年)

関川浩一(2002年)

野本圭(2010年)

工藤隆人(2014年)

 

2011年選手専用記事リンク

 

 

東京ヤクルトスワローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

森岡良介(2014年)

 

【外野手】

 

 

読売巨人軍

 

投手】

高橋一三(1969年)

渡辺秀武(1970年)

越智大祐(2008年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

阪神タイガース

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

沖原佳典(2003年)

関本賢太郎(2013年)

 

【外野手】

 

 

広島東洋カープ

 

投手】

小林誠二(1984年)

 

【捕手】

 

内野手

ルイス・メディーナ(1994年)

 

【外野手】

前田智徳(2012年)

 

 

横浜DeNAベイスターズ(横浜ベイスターズ

 

投手】

小谷正勝(1971年)

野村収(1978年)

 

【捕手】

 

内野手

フェリックス・ミヤーン(1979年)

村田修一(2009年)

 

【外野手】

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス

 

投手】

工藤公康(1999年)

篠原貴行(1999年)

寺原隼人(2003年)

杉内俊哉(2011年)

森福允彦(2011年)

陽耀勲(2012年)

 

【捕手】

 

内野手

湯上谷宏(1988年)

川崎宗則(2003年)

小久保裕紀(2011年)

 

【外野手】

秋山幸二(1999年)

大道典嘉(2003年)

松中信彦(2011年)

内川聖一(2011年)

 

 

北海道日本ハムファイターズ

 

投手】

マイケル中村(2006年)

武田久(2009年)

武田勝(2010年)

中村勝(2014年)

マイケル・クロッタ(2014年)

 

【捕手】

 

内野手

飯山裕志(2012年)

 

【外野手】

森本稀哲(2007年)

 

 

西武ライオンズ

 

投手】

松坂大輔(2001年)

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

オリックスバファローズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

南牟礼豊蔵(1989年)

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

松井稼頭央(2013年)

 

【外野手】

 

 

千葉ロッテマリーンズ

 

投手】

 

【捕手】

 

内野手

 

【外野手】

 

 

その他

 

投手】

野茂英雄(パワプロ'94デフォルト)

河島廉也(パワポケ4)

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

ドゥシャン・ルジク(2019年・プレミア12)

梁玹種(2019年・プレミア12)

 

【捕手】

 

内野手

落合福嗣(パワプロ2012企画~親父を超えろ~) 

ウィット・メリフィールド(2019年 カンザスシティ・ロイヤルズ)

 

【外野手】

 

 

新しく作成した選手は順次追加していきます。

福留孝介(2004年)

f:id:sasakama_sakama:20191231132535j:image
f:id:sasakama_sakama:20191231132532j:image
f:id:sasakama_sakama:20191231132538j:image

 

福留孝介(2004年)

打率.277 23本 81打点

 

外野手に本格コンバートし、首位打者を獲得した2002年、3割30本を達成した2003年とチームの中心選手となり、迎えた落合政権1年目の2004年は開幕から主砲不在のチームで4番に座った。長打を求める打撃スタイルで打率は3割を切りながらもチームの前半戦首位ターンに貢献するなど活躍。アテネ五輪に参加す、一時離脱したものの優勝まで突っ走った...といきたいところだったが、五輪から復帰後初戦の9月1日に阪神下柳の死球で左手人差し指を骨折。シーズン中の復帰は絶望となり、チームはリーグ優勝を果たしたが日本シリーズは敗退した。

 

【査定について】

打撃能力...このシーズンの前後2年は打率3割以上を記録していたため、ミートをもう少し上げようかと思ったが、そうすると4番の打撃スタイルのこの年の再現にならないと判断。打率相応のミートにしました。

固め打ち・流し打ち...デフォから削除。猛打賞回数も少なく、長打を求めた為か引っ張り方向の安打も多い。

パワヒ...2003・2005に30本塁打を達成しており、この年も500打席換算30本には届いているのでつけようか迷ったが、ラビットボール時代だったのでなしに。パワーAで充分打つと思います。

 

【ひとこと】

来年は中日が優勝できるように縁起の良い優勝すた年の福留を作成。福留らしくもっと青特をつけたかったですが、単年査定だとこうなりました。

今年最後の更新です。昨年みたいにまとめ記事はないですがご了承ください。年明けはちょっと更新減るかな〜と思います。それでは今年1年ありがとうございました。良いお年を。

 

福留孝介(2001年)

f:id:sasakama_sakama:20191225161714j:image
f:id:sasakama_sakama:20191225161711j:image
f:id:sasakama_sakama:20191225161716j:image

 

福留孝介(2001年)

打率.251 15本 56打点

 

ルーキーイヤーは主に遊撃手としてチームのリーグ優勝に貢献したが、翌年の2000年は守備負担で打撃不振に陥り、シーズン途中から三塁手に転向するも97試合の出場に終わる。翌2001年には6月26日に札幌ドームで初めて行われたプロ野球公式戦の巨人戦で1回表に第1号の初球先頭打者本塁打を放った(背番号1の福留が1回表に1番打者として1球目を第1号本塁打)(すごい))が、シーズン途中でまたしても不振に陥り、後半戦からは本格的に外野手に転向するも、61試合の守備機会で2失策を喫するなど最後まで守備に苦しんだ。翌年は本格的に外野手にコンバートし、近鉄の監督時代に自信を引き当てた佐々木恭介から指導を受けたことで打撃が開花し、見事首位打者を獲得した。

 

プロ年数と年齢を間違えています。3年目の23歳のシーズンです。気になる方は修正お願いします。

 

【査定について】

チャンスB...得点圏打率.298

選球眼...出塁率.352

守備 捕球...失策数などを見ても前年・前前年に比べれば改善されてはいるが、やはり打撃を崩すほどの守備難や、外野でも失策が少なからずあったことから少し低めにしました。

 

【ひとこと】

00年代前半の福留は赤いリストバンドがかっこいいですよね

 

小松辰雄(1985年)

f:id:sasakama_sakama:20191221120027j:image
f:id:sasakama_sakama:20191221120023j:image
f:id:sasakama_sakama:20191221120030j:image

小松辰雄(1985年)

17勝8敗 防御率2.65 172奪三振 

獲得タイトル:沢村賞 最多勝 最優秀防御率 最多奪三振 B9

 

80年代を代表するドラゴンズのエース。高卒の入団2年目から抑えに抜擢され、当時導入されたばかりのスピードガンで150キロを越す速球を武器に活躍し「スピードガンの申し子」と呼ばれた。81年から先発に転向すると、いきなり完投勝利を挙げ、2桁勝利も記録。翌82年の怪我後に力を抜いても抑えられる投球術を身につけ、85年はチームの順位が上がらない中孤軍奮闘。8月までに10勝を挙げ、投手タイトルを総なめした。

 

【査定について】

変化球...基本は速球、カーブ、スライダーだったらしいが、その3球種でも球速を変えたりして数種類を投げ分けていたと語っている。今回はスローカーブとカーブを統合してドロップカーブに、スライダーと縦スライダーの2種類を採用。デフォルトではシュートがついていましたが、あまり投げているように見えなかったのと、高校時代からシュートを使う回数が減少していたという記述も見たので不採用。

力配分...力を抜いて抑えられる=先発として必要な力配分ができるようになったと捉え、特殊能力の効果の「弱い能力の打者だと能力が下がる」とはちょっと違うと思ったので不採用。これに関しては先発適正で十分に表現できているんじゃないでしょうか

緩急〇...今回のメイン査定ディッシュ。「速球派の小松に緩急!?」と思うかもしれないが、こちらのインタビューによると「変化球でストレートを速く見せる」という投球術を行っていた事がわかる。半速球を使い始めた1985年とも時期が一致し、「82年の怪我後は以前の速球が戻らなかった。」という記述もあったので採用。だが、85年の映像を見ると全然直球にノビはあるように感じる。この直球プラス緩急を使った投球術がタイトルを総なめできた理由だと判断。

 

【ひとこと】

週刊ベースボール別冊1980年代シリーズに規定打席到達者の得点圏打率が掲載されているのが話題ですが、今回は小松を作成。直球派の投手なのであまり特殊能力をたくさんつけて見た目で強そうには出来ませんでしたが、緩急で速球の凄さを表現できたんじゃないでしょうか

ウィット・メリフィールド(2019年)

f:id:sasakama_sakama:20191218154013j:image
f:id:sasakama_sakama:20191218154003j:image
f:id:sasakama_sakama:20191218154007j:image

 

ウィット・メリフィール(2019年 カンザスシティ・ロイヤルズ)

 

打率.302 16本 74打点

獲得タイトル:最多安打(2年連続)

 

MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属する野手。サウスカロライナ大学から2010年のドラフトで9巡目(全体269位)で入団。AAA級初昇格は2014年。メジャーデビューも27歳の2016年と遅めだったが、同年に.283の打率を残し、翌年からレギュラーとして定着。2年連続の盗塁王を獲得し、最多安打を記録した2018年にはMVP投票で17位となり、オフの日米野球で来日。2019年はチーム事情から外野のポジションに就く機会が増えたものの、影響を感じさせない働きでリーグ最多の162試合に出場。自己最多の206安打を記録し、2年連続の最多安打に輝いた。

 

【査定について】

走塁A...速い。とにかく速い。映像を見ても「この当たりだったら二塁打かな〜」という当たりでも三塁まで行くしなんならホームまで帰ってくる。リーグトップの10三塁打という数字にも表れている。

プルヒ・インコース...引っ張り方向への本塁打が多いだけでなく、9分割のホットゾーンを見てもインコース3つは打率.390を越えている。打球方向も引っ張り方向が多いため「引っ張って安打を量産できる選手」と判断。

盗塁...前述の通り17、18年シーズンと2年連続の盗塁王を獲得していたが今年は20盗塁(10盗塁死)と激減。来年からは復活すると思いますが、走力を高くしたのでDに

 

【ひとこと】

今年の頭にMLBの野球カードでサインを引いた選手が今年も活躍したので作成しました。

f:id:sasakama_sakama:20191218162027j:image

メジャーリーガーを査定したのは初めてですが、データがNPB選手の比にならないぐらいあって見ているだけでも楽しいですね。難しかったのはMLB補正をどれだけ掛けるか、やっぱりレギュラーでバリバリ活躍して、しかも最多安打を2年連続で取っていたら並大抵の能力じゃ表現できないと思うんですよね〜、「成績に対してちょっと強すぎない?」ぐらいの能力で上手くできたと思います。ちなみに今回の一番のこだわりはパワターのアイブラックです。

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

f:id:sasakama_sakama:20191212005743j:image
f:id:sasakama_sakama:20191212005739j:image
f:id:sasakama_sakama:20191212005747j:image

ホークス日本一キャンペーン 特別編

 

工藤公康(2018年 ジャイアンツVSホークスOB戦)

 

ご存知ソフトバンクの監督。2018年に宮崎で行われた巨人宮崎キャンプ60年記念 ジャイアンツVSホークスOB戦でホークスの先発として出場。54歳という年齢ながら最速126キロの直球と大きく変化するカーブを操り、高橋由伸松井秀喜王貞治ら並み居る最強打者相手に2回無失点と好投した。

 

【査定について】

緩急〇...カーブと直球のコンビネーションは健在。

一発...松井秀にあわやホームランという当たりの特大ファールを浴びたり、球数が増えた2回には球をジャストミートされていた

 

【ひとこと】

特別編はOB戦の工藤監督でした。正直これがやりたくてこのキャンペーンを始めたみたいなとこがありました。OB戦の投手の査定は初めてだったのですが、2016年のOB戦の工藤をカメハさんが作ってたりしたのでちょっと参考にさせていただいたりしました。だいぶ似ちゃったけど許して...。

それと今キャンペーンで2017年のサファテ、2018年の甲斐拓也も制作予定だったのですが、なかなかハードなのでできたらまた追加するという形にさせてもらって今回でキャンペーンは一区切りとします。お付き合いありがとうございました〜

 

内川聖一(2011年)

f:id:sasakama_sakama:20191201225146j:image
f:id:sasakama_sakama:20191201225149j:image
f:id:sasakama_sakama:20191201225152j:image

ホークス日本一キャンペーン 第10弾

 

内川聖一(2011年)

 

打率.338 12本 74打点

獲得タイトル:MVP 首位打者 ベストナイン(外野手)

 

御存知、鷹の安打製造機。移籍1年目の2011年は、開幕から好調を続け4月に月間MVP・交流戦でもMVPを獲得するなど大活躍した。故障の影響もあり、7月は無安打に終わるも復帰後は更に安打を重ね、最終的に打率.338首位打者MVPにも輝いた。ポストシーズンでも全試合に出場し、特に中日との日本シリーズの第7戦では、7回裏にセ・リーグMVPの浅尾から日本一を決定付けるタイムリーヒットを放った。翌年から背番号を1に変更したので背番号24はこの年限りであった。

 

【査定について】

ミート...打率的にはAにするかは微妙なところだが、統一球補正と内川にはAが似合うのでA

初球...ノーストライク時打率.398 8本塁打

内野安打...内野安打数的には微妙だが、前年に比べて平均一塁到達速度が速まっており、併殺数も飛躍的に下がっている

捕球...この年失策0、故障離脱や外野手ということも考慮してもう少し下げようか迷ったが、今年一塁手としてパ・リーグの守備記録を作ったのも考慮してCに。

 

【ひとこと】

キャンペーンの2011ラストの選手は内川選手です。あの年の浅尾が打たれたのは本当に衝撃でした。この年から顔に輝きが戻った気がします。

次回の2018年と2019年からは1人づつぐらい作成しようと思ってます。お楽しみに!